あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

馬券コラム

阪神競馬場 各芝コースの特徴

投稿日:

競馬場のレースコースは、たとえ距離が同じでも競馬場によって坂の高低差やコーナーのカーブなど異なる部分が多くあります。これは馬券の予想をするときにかなり重要な情報になってくるので、今日は阪神競馬場のレースコースについて解説していきます。

目次

コースで共通の特徴

・1200mコース

・1400mコース

1600mコース

1800mコース

・2000mコース

・2200mコース

・2400mコース

コースで共通の特徴

4コーナーから直線残り200mまでは、2mの下り坂になっていて、200m地点からゴールまでは約2mの上り坂になっています。この最後の上り坂で脚が上がってしまうことが多く、先行勢は特に苦しむところです。この直線以外はほぼ平坦のコースとなっております。

1200mコース

向こう正面からのスタートで、内回りコースを回って、ゴールを目指します。

スタートから3コーナーまでの距離が約250mと短いことから、先行争いが激しくなりやすいです。このことからも、外枠の先行勢は前まで行き切きって内に切り込むか、控え内に入ることが多いです。短距離戦ですので、遠心力や距離損を考えると、外々を回るのはリスクが大きいと思います。逆に言うと、みんな内を通りたいので多頭数の場合は、中団から後方にかけてあまり内にいすぎると外に出すチャンスが無いということもあります。

 

1400mコース

2コーナー奥のポケットからスタートして、約450m進んだ先で3コーナーのカーブを迎え、内回りコースを回ってゴールを目指します。

スタートしてからコーナーまでの距離が長いので、先行争いは比較的穏やかになりやすいけれど、向こう正面はほぼ平坦になっているので加速して行く馬が多くペースが速くなることが多いです。その為1200mコースとは異なり、差し馬の台頭が比較的多くみられます。また、枠順による有利不利はあまりありません。

1600mコース

向こう正面からスタートし、約450m進んだ先で3コーナーを迎え、外回りコースを回ってゴールを目指します。

マイル戦は上記の短距離戦とは異なり、かなりペースが落ち着きます。阪神の外回りは直線が長いことからも、最終コーナー手前から仕掛けるというよりも直線を向いて仕掛けるので、平均~後傾ラップになりやすいです。向こう正面でポジション争いが激しくなりにくいことから、枠順の有利不利はありません。

1800mコース

2コーナー奥のポケットから発走し、約650m進んだ先で3コーナーを迎え外回りコースを回ってゴールを目指します。

最もスタートから第3コーナーまでの距離が長いコースで、ペースはかなり落ち着く傾向にあります。ゆったり進む分加速のタイミングが重要で、コーナーで加速しながら外々を回ってしまうとロスが大きくなってしまいます。カーブの距離自体が長いので、加速し続けると思いのほか脚を使うことになってしまうのも阪神外回りの特徴です。

2000mコース

スタンド前からの発走で、約300m進んだ先で第1コーナーを迎えます。第3コーナーに到達後は内回りコースを回ってゴールを目指します。

スタートからコーナーまでの距離は長くもなく短くもなくといったところですが、ゴール板前に急坂があるのでペースは比較的落ち着きやすいです。2000m以上になると、ゴール前の急坂を二度越えることになることが大きな特徴です。その為、マイル戦のような瞬発力よりもパワーやスタミナが求められるコースになっております。このことから、先行力のあるパワータイプが好走しやすいのではないでしょうか。また枠順による差はあまり見られません。

2200mコース

第4コーナーの出口からの発走で、約500m進んだ先で第1コーナーに到達します。第3コーナーまで進むと、内回りコースを回ってゴールを目指します。

2000mコースと同様にスタート後に急坂を迎えますが、その前に下り坂を進んでいることから比較的ペースは上がりやすいです。そのまま向こう正面まで進んだところで、ペースが落ち着きやすく息を入れるタイミングになります。ここでも淀みない流れで進んだ場合、先行勢にとっては最後の直線までかなり消耗してしまうことが考えられます。内回りということもありますので、ここでも好走しやすいのは瞬発力タイプというよりも、長く良い脚を使えるタイプになります。

2400mコース

2000mコースと同じスタンド前からの発走で、第3コーナーまで進むと外回りコースを回ってゴールを目指します。

基本的な流れは2000mコースと同じなので、ペースも落ち着きやすいです。しかし外回りコースを走ることから、最後の決め手はかなり求められます。スローになりやすいコースということもあるので、外回りではありますが、まくり差しが決まることもあります。枠順による差はあまり見られません。

以上です。ぜひ参考にしてみてください。

-馬券コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

馬券予想をセクションごとに解説します~③人気馬・穴馬の取捨編~

展開予想からレースシミュレーションまで出来たら最後に、各馬が自分の力を発揮できるかのチェックに移ります。この段階に来て初めて、調教やら陣営コメントからその馬単体で見て力を発揮できるかを考えます。とはい …

no image

競馬って結局得する?損する?

まずは結論から言います。 競馬は得をします そもそも損すると思う理由は大まかにいうと、次の3つではないでしょうか? ①大金を失うイメージ②中毒性がある③やってる友達が比較的クズ ③は人それぞれではあり …

no image

中山競馬場 各芝コースの特徴

目次 ・1200mコース ・1600mコース ・1800mコース ・2000mコース ・2200mコース ・2500mコース 1200mコース 向こう正面の頂点になる部分からの発走で、約250m先で第 …

no image

【競馬】激走する穴馬の見つけ方

今日は馬券を買う上でどうしても探してしまう穴馬の見つけ方について紹介いたします。週末になると色々な馬の裏情報や好仕上りといった情報が入ってきて、結局どの馬を買えばいいのか決めきれないことはよくあると思 …

no image

馬券予想をセクションごとに解説します~②レースシミュレーション編~

展開の予想ができたら次は、レースのシミュレーションをしていきます。ここが最も複雑で難しいですが、最も大切な部分です。あまり細分化しすぎても何が何かわからなくなるので、今回は3つに分類をして話を進めてい …