あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

桜花賞 最終追い切り

投稿日:2020年4月8日 更新日:

今週は三歳牝馬の1冠目をかけた闘い、桜花賞です。阪神1600mで行われるこのレースは毎年チューリップ賞組が優勢と言われますが、今年は直行組もいますのでどうなるのでしょうか。(阪神コースの特徴はこちらを参照下さい)

では有力各馬の追い切りについて見ていきます。

目次

・レシステンシア

・サンクテュエール

・デアリングタクト

・マルターズディオサ

・クラヴァジュドール

・リアアメリア

・ミヤマザクラ

レシステンシア

前走 最終追い 坂路 52.0-37.2-23.8-11.8 G強

今回 一週前  坂路 51.7-37.0-23.6-11.7 一杯

   最終追い 坂路 49.5-36.2-23.8-12.1 仕掛

時計は超抜で文句なしですね。坂路でしっかり負荷をかけて最終追い切りは、仕掛け重点でもこの時計なので、かなり仕上がっていると思います。前走は休み明けでテンションが高く、それを抑えるためにスローの逃げを打ったことが裏目に出ました。今回は前走を叩いてかなり上積みが見られる点と、前走で溜め逃げが負け筋だと分かった点、そして鞍上が逃げの名手武Jになることから勝ち負け必死なのではないでしょうか。

サンクテュエール

前走 最終追い  南W 68.3-54.2-40.3-13.2 馬なり

今回 一週前   坂路 82.6-67.3-52.6-39.3-12.7 馬なり

   最終追い  坂路 54.4-39.4-25.5-12.5 馬なり

この馬はおそらくそこまで調教で時計が出ないタイプですが、きちんと仕上がっていると思います。最終追い切りでもきれいな加速ラップを踏めていて、馬なりでラスト1ハロンを12.5でまとめているのも好感が持てます。一週前に長いところから追って、最終はサラッと流す追い切りパターンは今回が初めてなので、その点がどうかですが、脚質的には合いそうなイメージです。

デアリングタクト

前走 最終追い 坂路 53.9-39.3-25.5-12.5 強め

今回 一週前  CW 81.7-66.1-50.9-37.6-13.1 馬なり

   最終追い 坂路 53.9-39.5-25.6-12.6 馬なり

これはわかりやすく上昇していますね。よく調教時計が早い=好仕上りではないといわれますが、前走時の時計と同じであるにもかかわらず手ごたえが良くなっているのは仕上がりが進んでいる証拠です。3週連続で松山Jがけいこをつけている点も大きく加点したいですね。一週前追い切りでは追走した二頭に遅れていますが、時計的に見れば問題ありません。これで好走すれば、一週前にCWで長めに追って最終を坂路でサラッと仕上げるパターンが定着しそうですね。

マルターズディオーサ

前走 最終追い 坂路 54.4-39.8-25.8-12.4 馬なり

今回 一週前  CW 80.1-65.0-50.2-37.2-12.1 馬なり

   最終追い CW 82.2-66.2-52.0-38.6-12.7 G強

初めてCWで仕上げてきました。時計的にはかなり良くて、一週前は重い馬場をもろともしないタイムになっています。大きな変化としては、今回時計を出している4本すべてで長いところを走らせている点です。これまでは、4~5ハロンで時計を出すことがほとんどだったので、この変化がどう出るかというのはレースに行くまでわからないと思います。この馬は先行してハイペースだとしぶといし、スローだともうひと脚が使えるところだと思うのですが、調教過程の変化はこの強みからきているのではないか、と私は考えております。期待大ですね。

クラヴァジュドール

前走 最終追い CW 69.0-53.2-38.0-12.8 馬なり

今回 一週前  坂路 55.5-40.4-26.6-13.1 馬なり

   最終追い 坂路 60.1-43.9-28.3-13.9 馬なり

ちょっと冴えない時計になってしまっています。おそらく狙った時計ではないでしょう。2走前、3走前も坂路主体の追い切りで仕上げていましたが、その時はもう少し最後まで加速できていました。中間のCWコースでの調教時計はしっかり出せていますが、2走前とほぼ同じであることから不安要素が大きいです。前走がメイチ感のある1戦でもあったので、調子を落としていると考えるべきなのか、、そこそこやれる能力はあると思うので、要検討ですね。

リアアメリア

前走 最終追い CW 54.9-40.4-12.3 馬なり

今回 一週前  CW 81.4-66.1-51.6-37.7-11.4 一杯

   最終追い CW 81.4-66.2-51.5-37.4-11.9 馬なり

前回が原因不明の負け方をして、今回に臨みます。おそらく人気馬の中でも取捨が大きく分かれる一頭になるのではないでしょうか。追い切りはかなり良いように見えますが、前走時の追い切り内容からするとこの馬は仕上げすぎるのが良くないタイプなのかなとも思ってしまいます。こういう馬は気持ちの面で問題があることが多いので、今回直行ローテを選んだのは良い選択だと思います。長いところを二週連続でやって、ジョッキーともおそらく意識的にコンタクトを取っているのも好感が持てます。あとは脚質的に、展開がどう作用するかではないでしょうか。

ミヤマザクラ

前走 最終追い 坂路 55.3-39.7-25.0-11.8 馬なり

今回 一週前  CW 82.0-65.2-50.5-37.3-11.8 仕掛

   最終追い 坂路 52.8-38.3-24.4-12.0 馬なり

前走を叩いてしっかり仕上がっています。この馬も一週前にCWで長めから追うパターンを使ってきました。その効果もあってか、最終追いを比較してみると良化していることがわかります。最終予想の記事にも載せると思いますが、この馬はレシステンシアがいなかったら桜花賞向きではありません。きっちり差し切れる脚というよりも長く良い脚を使うタイプで、抜け出すとソラを使ってしまいます。なので追い出しと鞭の入れどころが難しく、阪神のマイルには合わないです。ただ今回はレシステンシアがいますからね、、もしかしたら出番があるかもしれません。

ここまで読んでいただいた方はわかると思いますが、G1なだけあって有力馬はほぼ全頭好仕上りです。ここから重要になってくるのは間違いなく展開と流れだと思うので、これに関しては最終予想で考察していきます。

今回は以上です。

-重賞予想
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【皐月賞】最終予想

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・レースシミュレーション ・結論 展開予想 逃げ 14キメラヴェリテ 先行 8ウインカーネリアン 1コントレイル    7サリオス 15ラインベック 1 …

no image

【CBC賞2020 最終予想】過去レースラップ分析と各馬理想の展開を徹底解説!

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter:https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プロ …

no image

【オークス 2020】 激走穴馬を探す!各馬理想の展開を徹底解説!

過去データ分析と有力各馬の理想の展開はこちらの記事で解説しているので、ぜひ読んでみて下さい! ではいきましょう! 目次 ・マルターズディオサ ・サンクテュエール ・リアアメリア ・ホウオウピースフル …

no image

【競馬】桜花賞週レース回顧

目次 ・桜花賞 ・阪神牝馬S ・忘れな草賞 ・現在の回収率 桜花賞 1着 デアリングタクト 2着 レシステンシア 3着 スマイルカナ 前半ハロン34.9秒に対して後半3ハロンが38.1秒とかなりの前傾 …

no image

【アーリントンC】最終予想 

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 1ノルカソルカ 先行 7ボンオムトゥック 2デュードヴァン 9プリンスリターン    11ロードベイリーフ ノルカソルカの単騎逃 …