あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

大阪杯、ダービー卿CTのレース回顧

投稿日:2020年4月5日 更新日:

目次

・予想結果

・大阪杯回顧

・ダービー卿CT回顧

現在の回収率

予想結果

大阪杯

×-★-◎ で決着 本線のワイドが的中しました!

人気馬の取捨【買い】

・クロノジェネシス 2着(4番人気)

・ダノンキングリー 3着(1番人気)

・ワグネリアン   5着(5番人気)

人気馬の取捨【捨て】

・ラッキーライラック 1着(2番人気)

・ブラストワンピース 7着(3番人気)

穴馬の取捨【捨て】

・ロードマイウェイ 12着(6番人気)

・マカヒキ     11着(7番人気)

ダービー卿CT

△-×-△ で決着 馬券は不的中

人気馬の取捨【買い】

・プリモシーン  5着(1番人気)

・クルーガー   1着(4番人気)

人気馬の取捨【捨て】

・マイスタイル  14着 (8番人気)

穴馬の取捨【買い】

・ストーミーシー 7着(3番人気)

・レイエンダ   3着(5番人気)

穴馬の取捨【捨て】

・ジャンダルム   10着(2番人気)

・カツジ      8着(7番人気) 

・エメラルファイト 12着(12番人気)

難波Sの予想

△-◎-△ で決着 馬券は不的中

人気馬の取捨【買い】

・ボッケリーニ  2着(2番人気)

・ゴータイミング 4着(1番人気)

穴馬の取捨【買い】

・エングレーバー 3着(4番人気)

・シフルマン   8着(5番人気)

・セラビア    1着(3番人気)

・アバルラータ  6着(13番人気)

穴馬の取捨【捨て】

・ルナステラ  10着(6番人気)

・キングリッド 12着(12番人気)

・ベガーズ   9着(11番人気)

大阪杯回顧

逃げると思われていたステイフーリッシュは、スタートからあまりダッシュがつかず中団待機になりました。逆に、ダノンキングリーがダッシュよく先頭に立ち逃げる形になりました。ジナンボーが若干競りかけてくる感じもあったので、ペースは平均くらいになり、その後ろに有力各馬がついていく展開になりました。先行して早めにレースを動かしていくと思っていたブラストが後方に控えたことで、まくってはいきましたがペースにはさほど影響がなかったです。結局最後は先行勢の脚比べとなり、うまく脚を溜めていたラッキーライラックに軍配が上がりましたね。

ラッキーライラックはパドックから雰囲気はかなり良かったです。スタートをしっかり出た後、インベタで回ってきて最後の最後まで追い出しを待って差し切りました。これは予想の時に書いていたのですが、今回はこのレースプランが取れないのと見て捨て判断をしたので、してやられました(笑)これをきっかけにミルコにも復活してもらいたいですね。

クロノジェネシスは、パドック的にはそこそこでした。毛艶はいいけれど、歩様を見た感じまだ小さくなっている部分があるように見えました。レースプランはほぼ予想通りで、ダノンが前まで行ってしまった分ラッキーを見る形で進めることができました。結果的に、ダノンに末脚勝負では勝ちましたがラッキーがこの上ないレースを展開してきたので、勝ちきれなかったですね。距離もこのくらいがちょうどいいのかなと思わせるくらいの、直線の弾け方だったと思います。

ダノンキングリーは、パドックは抜群に移りました。正直頭まで来ると思って見ていましたが、逃げてしまった分目標にされてしまって、厳しい競馬になりました。もしかしたら距離が長かったのでは、、という声が聞こえてくるかもしれませんが、それは違うと思います。逃げてもしっかり折り合えていましたし、やはりポジション取りが原因だと思います。

ワグネリアンは、調教時と全く異なってパドックからかなりうるさかったです。解説の方は気乗りが良くて、この馬はこれくらいのほうが力を出せると言っていましたが、それについては疑問です。返し馬に行っても福永Jがずっと手綱を引っ張っていましたし、もちろんレースでも引っ張りっぱなしでした。それでも掲示板に乗ってくるあたり、地力があるのかなとも思うので年を取って落ち着きが出てきたら狙ってみたいと思います。

ブラストワンピースは、パドックがぼちぼちでした。体重は減っていましたが、やはり大型馬の休み明けで緩いとまでは言いませんが、まだ仕上げに余地があると思って見ていました。Twitterでも言いましたが、馬場的にパワーが要りそうに見えたのでチャンスありかなとも思いましたが、シンプルに瞬発力が足りませんでした。まあ、ここを叩いて次はもっと馬体面でも反応面でも上昇してくると思いますので、そちらに期待します。

ダービー卿CT

思いの外、かなりのハイペースで進みました。ある程度流していきたいとコメントが出ていたトーラスジェミニが3番手で進むくらいにはハイペースで進んでいて、前半4ハロンが45.3秒に対して、後半4ハロンが47.4と2秒以上の前傾ラップになりました。それでも中団前目に位置していた馬が上位に来ているので、勝ち馬は特に力が違ったのかなと感じました。

クルーガーは、パドックから絶好に見えました。もともとパワータイプで斤量を背負うことも気にならないタイプですし、馬券圏内はありそうだという印象でした。この馬にとってはハイペースがかなり味方したと思います。予想の記事でも書きましたが、この馬の強みはバテないことです。ハイペースで他馬が脚を溜められずにいる中、悠々と伸びてこれたことが圧勝につながったのではないでしょうか。仕上がりが遅いタイプで次のレースでもっと重い印を打つ予定でしたが、ここで勝たれてしまいました(笑)ただ、次走さらに良くなると思うので注目していきたいです。

レイエンダは、パドックでぼちぼちといった感じでした。ほんとにつかめないタイプですが、丸山Jはうまく乗ったと思います。インを通ってきたことでハイペースでも最後までしっかり伸びることができました。2着馬とは鼻差でしたし、価値のある一戦だったように感じます。まあ引き続きつかめない馬であることに変わりはないので、丸山Jが継続して騎乗する分には買ってみようかと思っています。

プリモシーンは、パドックがかなり悪く見えました。ほんとに解説者は人気馬を持ち上げて話しますが、私はどこを見ればよく見えるのかと疑問に思いながら見ていました。レースはいつも通り中団を進んで直線まで回ってきましたが、あまり伸びませんでした。レース後のコメントで、馬場が合わなかったとあったのでそのあたりが関係していると思いますが、シンプルに勝ち馬にいろいろと条件が向いていたのが大きいと思います。2着馬とは約1馬身差だったので、、

ジャンダルムは、パドックがぼちぼち。予想記事でも書いた通り仕上がりはまだまだで、馬場も向きませんでした。そもそも2番人気に推された理由はよくわかりませんでしたが、脚も溜まらずいいところなしの惨敗だったと思います。軽めの京都コースやローカル出走時に検討するか迷うくらいに思っています。

現在の回収率

今週からブログに掲載した予想で、本線に挙げた馬券の回収率を報告致します。

現在の回収率は、123%です!

来週は桜花賞です!

しっかり予想を立てていきますので、来週もぜひよろしくお願いいたします!

今回は以上になります。

-重賞予想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

日本ダービー 過去データ分析と有力馬理想の展開を徹底解説!

牝馬三冠にデアリングタクトが王手をかけた先週のオークスは、個人的にですが何とも言えないレースだったように感じています。走破タイム的にも直線の攻防的にも、、まあ3歳牝馬にとって東京の2400mはそれだけ …

no image

【ヴィクトリアマイル 2020】有力馬理想の展開を徹底分析!

先週のNHKマイルCは展開の予想と各馬のムーブは、ほぼ想定通りでしたがどれも上手くはまらず力を出し切れない一戦となってしまいました。馬券にはなりませんでしたが筋は良かったと思うので、よろしければ先週の …

no image

【皐月賞】全頭診断!馬券になる条件を見つける

目次 ・ヴェルトライゼンテ ・クリスタルブラック ・コルテジア ・ラインベック ・ガロアクリーク ・レクセランス ・ビターエンダー ・キメラヴェリテ ・ブラックホール ・サトノフウジン ・ウインカーネ …

no image

【中京記念2020 最終予想】人気3歳馬の取捨がポイント

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter:https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プロ …

no image

【天皇賞・春】全頭診断 各馬理想の展開とは

目次 ・エタリオウ ・オセアグレイト ・キセキ ・シルヴァンシャー ・ステッフェリオ ・タイセイトレイル ・ダンビュライト ・トーセンカンビーナ ・ハッピーグリン ・フィエールマン ・ミッキースワロー …