あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想 重賞的中実績

【2020大阪杯】 最終予想

投稿日:2020年4月4日 更新日:

目次

・展開予想

・人気馬の取捨

穴馬の取捨

結論

展開予想

逃げ 7ステイフーリシュ

先行 5ラッキーライラック 2サトノソルタス 10ジナンボ

   3ブラストワンピース 8ダノンキングリー 12クロノジェネシス

   4ワグネリアン

調教過程からおそらくステイフーリッシュがハナに立つと思います。ある程度は押して出ていくのではないでしょうか。それを見ながら、ある程度前に行きたいラッキーライラックがついて行くので、平均くらいのペースでは流れると思います。ジナンボーダノンキングリーを交わして前に行けば、ダノンは少し控えることになるので、ダノンの位置には注目したいと思います。ワグネリアンが前に行くという予想をしている方が多いですが、この馬は出していくと掛かるところがあるし、今回は調教からある程度落ち着きもあるので折り合い重視で押して前に行くことはないと思っています。

人気馬の取捨

3ブラストワンピース

前走時 最終追い 南W 68.5-52.9-39.5-12.7 馬なり

今回  一週前  南W 81.5-66.0-50.5-36.5-12.1 直一

    最終追い 南W 52.6-38.1-12.0 馬なり

捨てです。仕上がり的にはむしろ好仕上りで、一週前に長いところからラストを伸ばして、最終は短いところをサラッと。スピード感があって、良い追い切りだと思います。ただ前走はパワーのいる馬場で相手も弱く、1着という結果にあまり過信しすぎるのは怖いと思っています。今回は相手も一気に強化されますし、中山ではなく阪神に変わります。阪神では瞬発力がかなり求められますが、このメンバーをまとめて好位差しできる脚があるかと言われれば微妙です。おそらく4角手前からしっかり追って前をとらえに行くのではないかと思っていて、そうなると内回りとは言っても後ろからくる脚の切れる馬に交わされると予想しております。

4ワグネリアン

前走時 最終追い 坂路 54.9-39.6-25.6-12.8 馬なり

今回  一週前  ポリ 77.3-62.7-48.9-35.7-11.3 一杯

    最終追い 坂路 54.6-39.7-26.0-12.9 馬なり

買いです。もともとこの馬は時計が出るほうではないので、それに関しては問題ありません。一週前に全身を使って一杯に追って、最終追いで調整してきたパターンです。前走のJC時と似たような過程になっていますね。去年の3着馬であり、今年は折り合い的に成長が見られ、展開も向きそうな雰囲気があります。確かに、スパッと差し切れるイメージではないのですが、ブラストは交わせそうに思いますし、そうなると馬券圏内には来るという予想です。

5ラッキーライラック

前走時 最終追い CW 82.0-66.6-51.5-37.5-11.6 馬なり 

今回  一週前  CW 80.2-65.0-51.6-38.2-12.3 一杯

    最終追い CW 81.7-66.0-51.8-38.4-12.6 仕掛

捨てです。この馬に関しても仕上がりは良好です。一週前に仕上げて、最終追いもやや負荷をかけてきています。おそらくメイチでしょう。と言いたいですが、陣営の思惑とは裏腹にまだ仕上がり切っていないと思います。前走後のコメントからも、馬が良くなってこない中でよく頑張ってくれているとあります。ですので、おそらく今はまだ平行線です。この馬はスタートがいいので、展開予想でも話しましたが前に取り付いていくと思います。理想のレースプランとしては、最後の最後まで追い出しを待って、一瞬で突き抜ける展開だと思いますが、思うようにしっかり反応しなかったり、ブラストのまくりで思うようなレースにはならないのではないでしょうか。エリザベス女王杯で勝っているということもありますが、この馬には、京都のような平坦コースのほうが向いているように感じます。

8ダノンキングリー

前走時 最終追い 南W 53.0-37.8-12.4 馬なり

今回  一週前  南W 66.2-52.1-38.7-12.6 一杯

    最終追い 南W 65.1-50.3-37.1-12.5 馬なり

買いです。調教に関して言えば文句なしです。めちゃめちゃ仕上がっていると思います。関西遠征がどうかというところもありますが、陣営側も輸送のタイミングなどで工夫をしているようですし、休み明けを叩いて勝ちに来ると思います。そもそも休み明けの前走も相手はかなり強かったにもかかわらず、完勝でした。距離の心配をする声もありますが、ダービー2着時も最後まで伸びていたし、2000mなら問題なくこなせると思います。ジナンボーの出方次第ではありますが、中山記念と同様のレースプランで運べれば、難なく押し切れるのではないでしょうか。

12クロノジェネシス

前走時 最終追い CW 68.1-52.6-38.0-11.6 馬なり

今回  一週前  CW 79.8-63.7-49.3-36.5-11.6 馬なり

    最終追い CW 68.7-52.2-37.3-11.6 馬なり

買いです。有力馬が内枠に集まる中唯一の外枠に入りましたが、これが絶好だと思います。ジナンボーが出して行く分内にも入りやすいですし、ダノンの出方も見ながら進むことができます。ダノンが若干抑えるようであれば、射程圏内に入れて進めることもできます。ポイントとしてはダノンを後ろから差す脚を溜められるかどうかというところです。おそらく外々を回すので、仕掛けどころは若干難しい気もします。ただ、調教は抜群に動いていますし、そもそもかなり切れる末脚があるので、頭まであると思っています。

穴馬の取捨

1ロードマイウェイ

捨てです。そもそも格的にかなり上位には劣っていると思います。メンバー的に可能性を見出すなら後方待機策に出るような気がしますが、このメンバーを差し切る脚はさすがにないと思います。調教もぼちぼちといった感じで、斤量も重くなることからも今回は切ります。武豊Jのレースとの相性の良さから、穴人気になりそうな気もしますが、、

9マカヒキ

捨てです。何よりも展開が向かなすぎます。もう少し前が垂れて有力馬勢のロスを誘導してもらうような展開が欲しいですし、ズブいところがあるので内回りよりも外周りに適正ありですね。調教内容からも推せませんし、今回は切ります。

結論

◎本命  8ダノンキングリー

★激推し 12クロノジェネシス

△相手  4ワグネリアン

本線◎-★ ワイド1点

抑え◎-★△ 馬連流し

やはりダノンが、ラッキーをとらえに動くブラストごと一気に差すのではないかと思います。乗り方も難しくないですし、力関係も前走からおおよそ分かっています。そして怖いのはそれを後ろから狙えるクロノジェネシスです。スタートを出すぎてダノンより前に行った場合は、ラッキーと同じようなレース運びになるので、できれば少し控えてほしいですが、何より脚がたまればこの馬が一番切れます。ダノンを後ろから差し切れるのはこの馬だけなのではないかと思っています。最後にワグネリアンですが、展開の利を一番受けれそうということで、相手に入れておきます。

今回は以上になります。

-重賞予想, 重賞的中実績

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【皐月賞】参考レース解説と有力各馬の理想の展開考察

目次 ・報知弥生ディープ記念 ・ホープフルステークス ・朝日杯フューチュリティステークス ・共同通信杯 報知弥生ディープ記念 1着 サトノフラッグ 2着 ワーケア 3着 オーソリティ 1着が皐月賞で有 …

no image

【オークス 2020】 過去データ分析と有力馬理想の展開

先週のヴィクトリアマイルはアーモンドアイの強さを改めて感じる1戦となりましたね。本命だったプリモシーンは出遅れが響いて、差し届かずという結果でした。個人的には、内枠に目が行き過ぎて出遅れのリスクを考え …

no image

【天皇賞・春】全頭診断 各馬理想の展開とは

目次 ・エタリオウ ・オセアグレイト ・キセキ ・シルヴァンシャー ・ステッフェリオ ・タイセイトレイル ・ダンビュライト ・トーセンカンビーナ ・ハッピーグリン ・フィエールマン ・ミッキースワロー …

no image

【セントウルS2020】過去レースラップ分析/各馬理想の展開/展開予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter: https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プ …

no image

【ヴィクトリアマイル 2020】 穴馬徹底分析!買える穴馬1頭と買えない穴馬2頭

今週日曜日には荒れるG1と言われているヴィクトリアマイルが行われます。今年もアーモンドアイの力は抜けていそうな感じがしますが、その他は人気ほど差がないように思います。 ですので、穴馬を徹底的に分析して …