あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【阪神JF2020 過去レースラップ分析/有力馬理想の展開/展開予想/結論】

投稿日:

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更Twitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします!

Twitter:

https://twitter.com/Asahi_keibablog

また、プロの予想家の予想は以下のリンクから無料で見ることができます!

ブログ概要

このブログでは、各馬の得意なレースラップを分析して、それに当てはまる馬を人気馬、穴馬関係なく推奨しています。

簡単に言うと、スローペースが得意なのか、ハイペースが得意なのかといったイメージです。

一般的には、この馬はスローペースの時に好走しているとか、あの馬はハイペースが苦手な傾向があると言われたりしますが、ここではレースラップを1ハロン毎に分割して、もっと詳しく好走条件を分析をしています。

①後半の4〜5ハロンで速いラップを刻むことで、長くスピードが求められる展開が得意な馬がスピード系持久力タイプ。

②後半4〜6ハロンで遅いラップを刻むことで、長くパワーが求められる展開が得意な馬がパワー系持久力タイプ。

③ラスト3ハロンで一気に早いラップに切り替わることで速い上がりタイム、つまり一瞬の加速力が求められる展開が得意な馬が瞬発力タイプ

他にもいくつかパターンはありますが、このような分析を各馬に対して行って、過去のレースラップの傾向や展開予想と組み合わせることで、今回のレースでベストなパフォーマンスを見せてくる馬を選ぶ予想の流れになっています。

レースラップ分析

過去5年のレースラップ

2015年 1:34.5(良)18頭立て

12.5-10.9-11.4-12.1-11.8-11.7-11.5-12.6

1着馬(2-1)

2着馬(6-6)

3着馬(8-10)

2016年 1:34.0(良)18頭立て

12.4-11.0-11.3-12.0-12.1-11.5-11.5-12.2

1着馬(3-4)

2着馬(15-13)

3着馬(5-5)

2017年 1:34.3(良)18頭立て

12.4-11.3-11.6-12.4-12.2-11.9-11.0-11.5

1着馬(8-8)

2着馬(6-5)

3着馬(8-8)

2018年 1:34.1(良)18頭立て

12.2-10.7-11.9-12.2-12.1-11.0-11.8-12.2

1着馬(15-16)

2着馬(17-17)

3着馬(11-10)

2019年 1:32.7(良)16頭立て

12.2-10.5-11.0-11.8-12.0-11.2-11.5-12.5

1着馬(1-1)

2着馬(3-2)

3着馬(8-8)

レースラップ分析

レースラップの観点からは5年のレースを2パターンに分けることができます。

まず一つ目が瞬発力が求められた展開で、2017,18年が該当します。特徴としては直線の入り口でもあるラスト3ハロン目で明らかなギアチェンジをしていること、もしくはラスト3ハロンで加速ラップに近い形を作っていることです。コース形態的にも直線半ばに急坂があって直線距離自体もかなり長い阪神コースとといことで、このパターンはかなりイメージが付きやすいです。また2歳馬限定レースということでペースも落ち着きやすく、各馬脚を溜めやすいので直線だけの競馬でも勝ち負けまで意識できます。ポジションも関係なく馬券内に来れる流れになるので、後方一辺倒の馬にも注意が必要です。

2つ目はスピード系の持久力が求められた展開で、2015,16,19年が該当します。長く良い脚が求められる流れとなっていて、レコード決着となった2019年は終始高速ラップを刻んだまさにスピードの持続性が求められたレースでした。長く良い脚が求められるのはもちろんながら、もう一つの特徴として、最後の坂で踏ん張れる底力が求められることを挙げます。早めのスパートが始まる分当然ではありますが、ラスト1ハロンのラップが落ちる傾向があって、ここを踏ん張れる力が必要となります。ポジション的には先行馬が有利な傾向がありますが、仕掛けのタイミングが早まれば後方勢にもチャンスは生まれそうに思います。

昨年までは比較的綺麗な馬場での開催だったこのレースですが、今年は開催が進んで荒れた馬場でのレースになりそうなのでここまで話したどちらのパターンになったとしてもスピードだけでは対応しきれないかもしれません。特に持久力勝負になる場合は、パワータイプに注目していきたいところです。

有力馬理想の展開

ソダシ

前走:アルテミスS 1着

12.6-11.3-12.2-12.5-12.3-11.2-10.9-11.9(3-2)

スピード系の持久力タイプの馬ですね。アルテミスSは展開的には瞬発力勝負になりましたが、前目前目で運ぶことができていた分、後続の追撃を凌ぎ切ることができました。前目できっちり折り合って33秒台の末脚を記録していたということで理想系では無い中でも力は出してこれたし、幅広い展開に対する対応力が確認できました。

理想の展開としては後半にかけてラップが切り上がるような流れを想定していて、前半がスローなら尚良いですね。前走が得意パターンではない中での重賞勝利だったので、得意パターンにはまればさらに上昇も見込めそうに思います。

サトノレイナス

前走:サフラン賞 1着

12.5-11.3-11.9-12.2-12.3-11.7-11.6-11.7 (10-10-9)

瞬発力タイプの馬ですね。新馬戦、サフラン賞共にラスト3ハロン目でギアが切り替わるような展開になっていて、どちらも後方からきっちり差し切っています。中山コースで2連勝してきているということで、どっしり溜めて弾けるというよりも機動力を活かして差しに行く競馬が合っているタイプの可能性もあるかと思います。どちらも上がりタイム自体は目立つものではなかったので、阪神コースに変わっての対応力は鍵となりそうです。

理想の展開としては、直線での脚比べが良さそうです。中山コースの時のように4角で大外を回してロスを生むこともなさそうなので、どこまで伸びられるかですね。

メイケイエール

前走:ファンタジーS 1着

12.2-10.7-11.2-11.2-11.3-11.5-12.0(4-4)

スピード系の持久力タイプの馬ですね。ファンタジーSはレコード勝ちとなっていて、ラップを見てもほぼ11秒台前半を刻み続ける優秀な数字を残しています。これだけ速い流れでも道中は明らかに引っかかっていたし、基礎能力として持っているスピードは底知れない印象です。ただ逆に言えばこのかかり癖がマイルのペースの中でどこまで影響するかは大きな鍵ですね。コース形態的にも最後に坂のある阪神に変わりますし、ここで止まる可能性も見ておきたいところです。

理想の展開としては、前半から速い流れで淀みなく進むのが良さそうです。他馬が追走に苦しむなら一層出番が回ってきそうに思います。

インフィナイト

前走:サウジアラビアRC 2着

12.4-11.2-12.0-13.2-13.1-12.4-12.0-13.3(9-10)

パワー系の瞬発力タイプの馬ですね。サウジアラビアRCは不良馬場での開催ということで刻んだラップはかなり遅いですが、ラスト3ハロンの刻み方を見ればタフな展開だったことが分かります。前に行った馬は苦しくなった中、不良馬場でも2着まで押し上げてきたのは素直に評価をしたいところです。これまで2戦して2戦共に不良馬場でのレースということで良馬場に変わってのパフォーマンスは未知ですが、楽しみも十分ありそうです。

理想の展開としては前半から速い流れになるタフな展開が良さそうに思います。今年は開催が進んだ馬場でのレースになるので、前の馬がバタバタと崩れるようなら勝ち負けまで見れそうに思います。

展開予想

逃げ 14ポールネイロン 

先行 15エイシンヒテン 8ヨカヨカ

   5サルビア 9ナムラメーテル 13アオイゴールド

   1ウインアグライア 4リンゴアメ 18メイケイエール

ポールネイロンが逃げると想定します。エイシンヒテンをはじめ、逃げ候補の馬が複数頭いる上にスプリント路線からマイルのここを使ってくる馬が多数いるようなメンバー構成になっています。必然的に先行争いは激しくなりそうで、隊列がすんなりと決まる可能性は低そうに思います。

ポールネイロンのペースになると仮定すると、前半から飛ばして運んで後半にかけてラップが切り下がるようなタフな展開になりそうで、坂越えと馬場状態を考えれば速い脚よりも力強さが求められる条件になりそうです。位置取り的には後方待機の馬に有利な展開となりそうですが、この馬たちについてもパワー系の能力が求められそうです。

なので狙いとしては、パワー系の瞬発力タイプの馬でいきたいと思います。

結論

本命◎  7サトノレイナス

激押し★ 11ユーバーレーベン

相手△  1ウインアグライア

     6ソダシ

推奨馬券

本線 ◎-★、△ 馬連流し

抑え ◎-★、△ 3連単一着固定流し

本命◎にはサトノレイナスを選びました。前走の内容から、後ろで溜めて運べれば早めに仕掛けても直線まで待ってから仕掛けても対応できそうな感じがあったし、中山で坂越えを経験しているのは良いですね。展開的にも前の馬たちは苦しい流れになりそうなので後ろでのんびり運べるこの馬にはプラス。ややテンションの高い馬なだけに初の長距離輸送がポイントかと思いますが、力を出せるなら勝ち負け必死かと思います。

激推し★にはユーバーレーベンを選びました。パワー系の持久力タイプの馬で、タフな展開になるなら十分出番があると見ています。調教でも目立った時計を出すタイプではないですが、この馬なりにじわじわ伸びてくるので前残りにはならなさそうな今回はチャンス大だと思います。前半のペースが速すぎて追走で苦しくなる展開が怖いところですが最後方になってもいいのでマイペースで運べさえすれば面白いと思います。

-重賞予想
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【オークス 2020】 過去データ分析と有力馬理想の展開

先週のヴィクトリアマイルはアーモンドアイの強さを改めて感じる1戦となりましたね。本命だったプリモシーンは出遅れが響いて、差し届かずという結果でした。個人的には、内枠に目が行き過ぎて出遅れのリスクを考え …

no image

【安田記念2020】穴馬分析 馬券になる可能性があるのはこの2頭!

過去データ分析と有力馬理想の展開解説はこちらの記事で解説しています! ノームコア 好走パターン:ヴィクトリアマイル 3着時のレースラップ 12.0-10.9-11.3-11.4-11.1-11.2-1 …

no image

【NHKマイルC 2020】 有力各馬理想の展開とは

目次 ・レシステンシア ・サクセッション ・サトノインプレッサ ・シャインガーネット ・タイセイビジョン ・ルフトシュトローム ・ウイングレイテスト レシステンシア 前走時 一週前  坂路 56.0- …

no image

【2020大阪杯】 最終予想

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 7ステイフーリシュ 先行 5ラッキーライラック 2サトノソルタス 10ジナンボー    3ブラストワンピース 8ダノンキングリー …

no image

【エリザベス女王杯2020】過去レースラップ分析/出走各馬理想の展開解説/展開予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter: https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プ …