あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

馬券コラム

【競馬】激走する穴馬の見つけ方

投稿日:2020年4月11日 更新日:

今日は馬券を買う上でどうしても探してしまう穴馬の見つけ方について紹介いたします。週末になると色々な馬の裏情報や好仕上りといった情報が入ってきて、結局どの馬を買えばいいのか決めきれないことはよくあると思います。そんな時に自分で判断できれば困ることがかなり少なくなるということで、今回は穴馬を自分で見つけて取捨できるようになるための記事にしていきます。

目次

・調教と陣営コメント

・レース適正

・レース展開

・結論

調教と陣営コメント

まずはネットで最も目にする情報である、調教の評価と陣営のコメントについてです。そもそも調教は、調教師もしくはジョッキーが目標とするラップタイムをあらかじめ決めて、それに合うように馬を走らせるものなので、好タイム=激走というわけではありません。中には、早い時計を出させすぎるとレースに行って力を発揮できなかったりする馬もいるので、ここは正しく理解しておいてください。例えばこれを分かっていないと、「坂路50.6秒!抜群の仕上げでレースに臨む!」などのコメントに引っ掛かりやすいです。

大事なのは、前走もしくは好走時との比較です。前走の追い切りと比べて楽に時計を出せている、もしくは好走時と同じくらいの追い切り内容になっている場合は、好調と見ていいと思います。ですので私のブログ予想では、前走時の調教タイムも毎回載せるようにしています。

あとは、好走パターンかどうかわからないけれど調教内容が一変した時です。これまでラスト1ハロンが13秒台しか出せていなかったけれど、今回は12秒台にのってきて全体時計もほぼ変わっていない場合、ギアを一つ上げてきたととらえていいと思います。馬も毎日成長しているので変わるタイミングというものがあり、それが調教の段階で現れることもあります。これは、休み明けの馬に多く見られるパターンですが、中にはレースを経験していく中で体の動かし方や重心の落とし方を覚えて、覚醒するパターンもあります。

つまり調教では、タイムの比較と手ごたえに注目すれば得られる情報としては十分です。

次にコメントですが、ここは気を付けたほうが良いポイントを交えて話していきます。先に言ってしまうと、コメントはその馬単体について述べているので、他馬との比較ではありません。なので能力的に前走時から成長がない馬の調子が上がったとしても、そもそも能力値に差があれば追いつけないことが多々あります。つまりいくらいいコメントが出ていたとしても、それだけで買いにつなげるのは回収率を考えると危険ということです。

とはいえ、裏を返せばその馬の調子がわかるという点で一つの情報くらいには覚えておくのがいいと思います。今後出走するレースでの指標にもなりますしね。

私はコメントを見るときは、それを先読みすることを意識しています(詳しくはこちらの記事で紹介)。これでありきたりなコメントは処理するようにしていて、陣営の本気度を知るようにしているので、もしよろしければ参考にしてみてください。

あとは、馬体重の変動ですね。前走時から期間にもよりますが10キロ以上の増減があった場合は、その理由を探すようにしています。良いときとしては、前走時に輸送でかなり減ってしまったのでそれを今回戻してきたパターンや、放牧明けで体が成長したパターン、あとは太めを叩いてしっかり適体重向けて絞ってきたパターンです。これらに当てはまる時は、変動自体をプラスにとらえていいと思います。逆にこれに当てはまらない時は、ほぼ悪いパターンで、パドック解説者が前向きにフォローするコメントを出していたとしても、マイナス評価にしていいと個人的には思っています。

レース適正

まずは距離についてです。その馬にとって適距離かどうかがポイントです。よくあるのは、血統や体のつくりからマイルを使っていたけど結果が出なくて、短距離を走らせた途端激走したパターンです。これは、元々その馬にとっての適距離を走っていなかったということになります。もちろん距離短縮だけがこの例に当てはまるわけではなくて、距離延長で覚醒する馬もたくさんいます。距離と聞くと、スタミナを想像してしまいがちですが、レース距離によってそれぞれ特有のペースがあり、それがその馬のスピード能力に合うのかとジョッキーとの折り合いがつくかどうかが、結果には結び付きやすいです。もともとはスピード不足でスタミナがあるのでマイルを使っていたが、いつの間にかスピード能力が上がっていて、距離短縮するとスピードとスタミナの両方で他馬に勝っていて覚醒するということもあります。

次に脚質です。いきなり例から言うと、北島三郎さんがオーナーで大活躍したキタサンブラックは逃げて強しの競馬が有名ですが、元々は差し馬でした。差し脚質の時は正直ぼちぼち強いくらいの馬だったんですけど、途中から逃げ脚質に変えたことで覚醒しました。脚質は馬の性格や、二の足の速さなどいろんな要素が組み合わさって適性を探していく必要があります。逆に言えば、そこにたどり着けばパフォーマンスが劇的に上がることになります。日本にも一流といわれるジョッキーは何人かいますが、彼らはその馬に適した脚質を見つけるのが上手いです。なので、そういうジョッキーに乗り替わった時に狙ってみるというのも一つの狙い方だと思います。

あとは馬場ですね。時計がかかるほうが走るのか、高速決着の方が走るのかということですが、穴馬は基本的に前者に当てはまることが多いです。ここで覚えておいてほしいのが、雨が降って時計がかかるのと馬場が荒れてきて時計がかかるのでは全く適性が変わってくるということです。雨が降った場合は当然時計はかかりますが、それよりも脚元が悪くなるのでのめったり雨を嫌がって集中できないということがあります。これは馬場が重いこととは関係ないので、ただただパワー型が雨が降った方が強いということではないと思ったほうがいいです。

レース展開

予想記事でも毎回話すことですが、展開ってめちゃめちゃ大事です。どんなに強い馬でも、どんなに好調な馬でも展開次第で簡単に負けます。展開というのは、レースのペースとどのタイミングで仕掛けが始まるのか、あとはどんな位置取りをする馬に向くレースになるのかということです。

レースのペースについてですが、出走馬の中に逃げ馬がいる場合、その馬がこれまでどんなペースで逃げてきたのかを調べます。スローの溜め逃げが得意なのか、ハイペースでの押切が得意なのか等々です。あとは他馬との兼ね合いで、逃げ馬がこのレースプランを今回も遂行できそうなのか、できない場合はどんなペースになりそうかを考えます。もちろん前でやりあってハイペースになれば差し馬に展開は向きますし、単騎でマイペースに持ち込まれればスローのヨーイドンの瞬発力勝負になり、後ろからでは届かない可能性があります。特に追い込みの穴馬を狙う場合は、ここが重要になってくると思います。

仕掛けのタイミングですが、例えば有力馬で前に行く馬がいた場合、それを楽に行かせてしまったら勝ち目が薄くなります。それを阻止するため、早めから仕掛けてプレッシャーを与えたり、外を回らせて脚を使わせるようにしたりとみんな作戦をもって勝ちに来ます。これを読んで、漁夫の利を得られるレースプランは何か、それを実行できそうな脚質の馬はどれかという風に考え普通に回ってくるだけなのに自然と展開が向いたということもあります。まあこれはジョッキーの腕も必要で、周りにつられて自分の競馬を乱してしまうと何にもならないので注意です。ルメールJはこのあたり、ほんとに上手だと思います。

位置取りについても、同じような話になります。レースの流れに対してどのポジションの馬が走りやすいレースになるのかということです。有力馬が後方でにらみ合っていると仕掛けのタイミングが遅れて、前々で粘っていた穴馬がそのまま残ったり、前でごちゃごちゃして脚が溜まらなかったときに後方で脚を溜めていた穴馬が一気に差し切ったりするので、各馬がどのようなレースをしたいかを考えてみましょう。

結論

基本的に能力値としては、有力馬>穴馬です。つまり穴馬が来るというのは有力馬が力を出し切れなかったというパターンが多いです。

つまり穴馬がくるときは、好走条件に合わない有力馬がいて逆に好走条件が整っている穴馬がいるときが多いですね。すべてがかみ合うことは多くはないと思いますが、少なくとも複数がかみ合って初めて生まれる事象なので、一つ一つ情報を整理しながら、総合的に見て馬券につなげるのが望ましいと思います。

間違っても、一つの情報だけをあてにして馬券につなげるのは避けたほうがいいと思います。

では最後に、私がどのように情報を整理して馬券に組み入れているかをこちらの記事で詳しく解説しています。もしよろしければ、ご覧ください!

今回は以上になります。

-馬券コラム
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

馬券予想をセクションごとに解説します!~①展開予想編~

中央競馬では基本的に土日曜日にレースが実施されますが、レース情報はもう少し前に解禁されます。例えば水木曜日で最終追い切りの情報がアップされ、金曜日には枠順や、関係者コメントがアップされます。このような …

no image

阪神競馬場 各芝コースの特徴

競馬場のレースコースは、たとえ距離が同じでも競馬場によって坂の高低差やコーナーのカーブなど異なる部分が多くあります。これは馬券の予想をするときにかなり重要な情報になってくるので、今日は阪神競馬場のレー …

no image

馬券予想をセクションごとに解説します~③人気馬・穴馬の取捨編~

展開予想からレースシミュレーションまで出来たら最後に、各馬が自分の力を発揮できるかのチェックに移ります。この段階に来て初めて、調教やら陣営コメントからその馬単体で見て力を発揮できるかを考えます。とはい …

no image

馬券予想をセクションごとに解説します~②レースシミュレーション編~

展開の予想ができたら次は、レースのシミュレーションをしていきます。ここが最も複雑で難しいですが、最も大切な部分です。あまり細分化しすぎても何が何かわからなくなるので、今回は3つに分類をして話を進めてい …

no image

【競馬】馬券って色々あるけど、どれを買えばいいの?

競馬をしていて一通り馬券を覚えると、もしくはあまり馬券を知らない方は結局どの券種を買えばいいのかという疑問を持つのではないでしょうか。今回はこの疑問について私なりの見解を述べていきます。 目次 ・前提 …