あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【皐月賞】参考レース解説と有力各馬の理想の展開考察

投稿日:

目次

・報知弥生ディープ記念

・ホープフルステークス

・朝日杯フューチュリティステークス

・共同通信杯

報知弥生ディープ記念

1着 サトノフラッグ

2着 ワーケア

3着 オーソリティ

1着が皐月賞で有力候補のサトノフラッグでした。前半4ハロンが48.5の後半4ハロンが49.2でレースは進んだのでペースとしてはほぼイーブンペースとなりました。展開は、三頭が他馬をかなり離した逃げに出て3コーナー手前で差が詰まってきて、最後は全馬の追い比べとなりましたが逃げた三頭は途中で脱落し、結局差し馬が上位を占める展開となりました。

原因としては重馬場だったということもあり、ペースはほぼイーブンでしたが前の三頭は脚がかなり取られたのだと思います。前が垂れてきそうだったので人気どころのワーケアオーソリティーが気持ち早く動いていき、サトノフラッグは馬なりでそれらの外を回ってくる感じでした。この早仕掛けがサトノフラッグとの着順の明暗を分けた感じはなかったので、おそらく力の差があったように思います。サトノフラッグは道中若干掛かり気味な部分もあったのですが、最終コーナーを回ってくるときは抜群の手ごたえでほぼ馬なりで回ってこれましたね。中山の内回りコースをあれだけ外から行くとそれだけでも脚を使ってしまいますが、それでも圧勝だったのでかなり強かったです。(中山競馬場の特徴)

サトノフラッグ

理想の展開:

中団から差す競馬があっていると思いますので、ペースは問いません。ただ、前走は中山で勝っていますが理想としては広いコースの方が良いと思います。一瞬の脚で差し切るというよりも、長く良い脚を使って捕らえる馬なので、正直前走はそういう意味で言うと馬場は向いたと思ってしまいます。坂で前が止まってくれるような東京や阪神の外回りがベストだと思います。

苦手な展開:

スローからのヨーイドンは不向きだと思います。未勝利をレコードで勝った日のこの馬の上りは34.5に対して、メインレースで勝ったコントレイルの上りは33.1でした。このことから、ヨーイドンになるくらいなら早めに仕掛けて押切にかからないとおいていかれる可能性があります。

ホープフルステークス

1着 コントレイル

2着 ヴェルトライゼンテ

3着 ワーケア

中団前目から上がり最速で押し切ったコントレイルが1着でした。ペースは前半4ハロンが48.7で鋼板ハロンが48.4なのでイーブンペースでした。展開としては、三頭がやや離した逃げをうって、中団集団が団子状態で数頭が後方待機という3つの集団でレースは進みました。ただ3コーナーに入るくらいになると、逃げていた3頭のうち2頭が下がってきて、それを交わすように中団の集団にいたコントレイルが先頭をとらえに行くような流れになりました。ヴェルトライゼンテワーケアとは上がりがほぼ同じであったことから、位置取りの差が大きく響いたのだと思います。とはいっても、最後まで伸びてきたのは上位三頭だけでしたし、着差からしてもここの順位付けすらできてしまいそうな気もします。

また中山2000Mは急坂を二度越えるコースなので、強気にコーナーから上がっていって脚色が衰えなかったコントレイルはかなり強かったと思います。レースレベル的にも上位人気馬はその後も重賞で好走しており、高かったことがわかりますし、本番でもかなり期待できる1頭だと思います。スピード能力が高いことが原因なのか、道中若干掛かる気配があったことは気になっていて、スローになった時にうまく対応できるかはポイントになりそうです。

コントレイル

理想の展開:

平均以上のペースで流れた方が良いと思います。ポジション取りは極端な位置にならなければどこでも大丈夫ですね。でも勝ちに行くなら、内枠を引いて前走のように前目から機動力を生かして押し切る形が今のところは向いていると思います。

苦手な展開:

ドスローになった時はまだ不安ですね。先ほども述べたように折り合いがバッチリつくタイプではありませんし、逃げ馬不在で押し出されてしまった場合機動力という長所が活かせず、差されてしまう可能性があると思います。

朝日杯フューチュリティステークス

1着 サリオス

2着 タイセイビジョン

3着 グランレイ

かなりの前傾ラップ(前半4ハロンが45.4に対して、後半4ハロンが47.6)で、前に行った馬が総崩れする中サリオスが唯一残ってなおかつ押し切ったレースでした。2着に来たタイセイビジョンは重賞での勝利経験がある有力馬で、展開的にも向きましたし絶好のレースをしたと思いますが、サリオスが一段二段は力が上手だったということになるのではないでしょうか。ムーアJにしてはインにこだわらず、内から3,4頭分くらい開けたところを通って安全策で来たので、もっとシビアに乗ればまだまだ着差は開いたのではないかと思います。

サリオス

理想の展開:

スローでもハイペースでも折り合いがバッチリつくタイプなので、ペースに注文はつきません。距離が伸びても対応できると思います。ただかなりの大型馬なので、広くて直線の長いコースの方が向きそうです。33秒台前半の末脚を繰り出せる瞬発力も兼ね備えているので、前に行って押し切るというよりも中団から差しを狙うもしくは、やや早めから仕掛けていって押し切るような競馬が向いていると思います。

苦手な展開:

乱ペースになった時はかなり不安です。機動力があるタイプではないので、一度動かしたらそのまま行かせたいですし、それを制御したりすると他馬よりも脚を消費してしまうと思います。それで言うと、二度坂を越える中山が向いているかは微妙ですね。

共同通信杯

1着 ダーリントンホール

2着 ビターエンダー

3着 フィリオアレグロ

4着 マイラプソディ

中団から早めに上がっていって、ダーリントンホールが押し切り勝ちでした。圧倒的1番人気のマイラプソディは、末脚が不発で4着止まりという結果でした。ペースはかなりの後傾ラップ(前半4ハロンが50.5に対して、後半4ハロンが46.4だったので)前に行った馬にはかなりアドバンテージのあるレースになりました。これを見越して早めに仕掛けたルメールJの判断が勝ちにつながりましたし、逆に先を見越して直線まで溜め続けた武Jは人気を裏切る形となりました。

二頭に共通して言えるのは、このドスローでもきっちり折り合うことができていたので、その点は距離延長に対して不安はないと思います。それでも伸びきれなかったマイラプソディは休み明けが響いたのか、それ以外の何かがあるのか現段階では何とも言えないところです。レース後のコメントでも調子は良かったし馬場も気にならなかったが、、と出ているので原因は不明のままです。

ダーリントンホール

理想の展開:

競馬場を問わず、スローの方が向きそうです。前走のように早めに仕掛けたときにジョッキーの指示に瞬時に従えて、かつ馬なりくらいの手ごたえで加速して行けるので、機動力を生かした競馬ができるのがベストですね。なので今回もカギになるのはペースだと思います。

苦手な展開:

瞬発力勝負ですね。ゆっても末脚不発だったマイラプソディと同じ上がりタイムだったので、弾けられたらついていけなくなるとは思います。あと、多頭数のレースを経験していないので、同型が多く馬郡に包まれた場合に関しては未知です。

マイラプソディ

理想の展開:

ペースは平均以上で、直線が長いほうがいいです。この馬は500キロと大きな馬体ですが瞬発力に秀でています。野路菊s勝った時の上りが33.4だったのですが、野路菊sの次に行われた1200Mの上がり最速が33.5でした。このことからしても、前が止まるような展開になればしっかりとらえられるレベルの末脚があるということがわかります。皐月賞が行われる中山2000Mは、急坂を二回越えることと、内回りなのでコーナーが急であることから追い出しのタイミングを考えると適性は低いように感じます。

苦手な展開:

スローで直線が短いと厳しい競馬になると思います。徐々に位置を上げていって一瞬の差し脚で交わすというタイプではなく、どちらかというと大外からごぼう抜きするようなタイプなので、これができない条件だと厳しくなってきます。それでも折り合いはつくタイプなので、中団くらいに位置できればワンチャンスは出てくると思いますが、、

今回は以上になります。

-重賞予想
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【日本ダービー2020】枠順確定後最終予想 5頭BOXで10万馬券狙います!

いよいよ日本ダービーがやってきましたね!今年はコントレイルとサリオスの2強体制ですが、皆さんはどう考えていますでしょうか?私はどちらの1着も可能性は低いと考えています!中にはサリオスは距離的に厳しいけ …

no image

日本ダービー 過去データ分析と有力馬理想の展開を徹底解説!

牝馬三冠にデアリングタクトが王手をかけた先週のオークスは、個人的にですが何とも言えないレースだったように感じています。走破タイム的にも直線の攻防的にも、、まあ3歳牝馬にとって東京の2400mはそれだけ …

no image

2020桜花賞 最終予想

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・レースシミュレーション ・結論 展開予想 逃げ 17レシステンシア     3スマイルカナ     1ナイントゥファイブ 先行 5マルターズディオーサ …

no image

【レパードS2020】 最終予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter:https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プロ …

no image

【オークス 2020】 過去データ分析と有力馬理想の展開

先週のヴィクトリアマイルはアーモンドアイの強さを改めて感じる1戦となりましたね。本命だったプリモシーンは出遅れが響いて、差し届かずという結果でした。個人的には、内枠に目が行き過ぎて出遅れのリスクを考え …