あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【皐月賞】全頭診断!馬券になる条件を見つける

投稿日:

目次

・ヴェルトライゼンテ

・クリスタルブラック

・コルテジア

・ラインベック

・ガロアクリーク

・レクセランス

・ビターエンダー

・キメラヴェリテ

・ブラックホール

・サトノフウジン

・ウインカーネリアン

・アメリカンシード

・ディープボンド

・テンピン

その他人気馬については、この記事よりも詳しく分析しているのでこちらをご覧ください。

ヴェルトライゼンテ

ハイペース適正が高いです。瞬発力が足りない分、スローになった場合はコーナー途中からしっかりと追い出して行かないといけなくなります。ただこの馬は、パワーとスタミナがあるので、それでも最後まで伸びてくれる強みがありますね。まあそれでも、後方から33秒台の末脚で追い込まれたら太刀打ちできなくなるので、できるならハイペースを前目で付いていって、周りがバテて垂れていく中粘りこむのが一番好走できると思います。前走は若干出遅れて道中は中団を進めた分、最後は差されてしまいましたが本来はスタートは出られるので前走に関しては度外視できる部分があると思います。

クリスタルブラック

ペースは問いませんが、力のいる馬場が向きそうです。前走は、稍重で平均くらいのペースで流れたのですが、ほとんどの馬が脚を取られて直線を向いたときにはすでに一杯といった感じでした。そんな中、後方でしっかりと折り合って良馬場かと思わせるくらいスムーズに伸びてきましたし、完全に抜け出して力の差を見せつけたかのように思われた1番人気馬を最後差し切っての勝利でした。パワーを生かせる馬場と展開になれば、出番はあるかもしれませんね。多頭数を経験していることも、現段階ではアドバンテージになりそうです。懸念点としては、ペースが速くなりやすい皐月賞でどこまで前を射程圏内に入れたポジション取りができるかだと思います。

コルテジア

どの位置でもピタッと折り合えるので位置取りは不問です。スタートがいいので、瞬発力を補う意味でも逃げるか番手くらいがベストではあるのかなとは思いますが、まあそこまで注文はつかないタイプです。じり脚なので、前走のように京都の下り坂で加速できたのは大きかったと思いますし、小頭数でさばきやすかったのも勝利の要因の一つだと思います。距離は伸びたほうがいいと思いますが、マイルがあっていなかった分皐月賞のペースがどう出るかがカギになりそうです。じり脚なことから、前走時は馬場が重くなって初めて勝負に加われるくらいの評価でしたが、良馬場でもやれるところを見せつけられたのは大きかったのではないでしょうか。

ラインベック

折り合いはつくタイプですが、まだスタミナが足りていないのでマイルくらいがちょうどいいように思います。その分スローで流れた方が力は出し切れるとは思いますが、差し脚が足りないので勝ち筋になるとは言いにくいですね。重心がかなり低いファームで走りますが、トモがまだ緩いため差し脚を生かす競馬がまだできていません。もう少し成長してくれば、出たなりで進めて中団から差しに行く競馬ができるようになるイメージがあります。

ガロアリーク

前走がこの馬に最も展開の向いたレースだったと思います。内容としては、スローで我慢できずにまくっていった馬のおかげで、前のペースが若干上がることで最後の直線で届くというものでした。前走はそれに加えて、1番人気馬をすぐ前においてマークしてレースを進めることができましたし、しっかり脚も溜めることができていた分弾けることができました。距離的にはペースも加味して考えると、1800mがベストだと思います。1600mだとペースが速いですし、2000mだとうまく脚が溜まらないようなイメージがあります。それで言うと皐月賞は、ペースが速いうえに2000mなのでなかなか穴をあけるのは厳しいかなと現段階では考えています。

レクセランス

機動力を生かせるレースだと好走の期待が持てます。前走、前々走とスローからラスト4ハロンで一気にラップが上がって、ロンスパ合戦になっていましたがそれをさらにまくっていって最後まで伸び続けるような競馬をして勝ち上がってきました。スタートが良くない分位置取りは後方になりますが、スタミナと機動力は良いものがあると思います。前々走までは京都コースだったので下りを使って瞬発力を補っていたようにも感じていましたが、前走阪神でロンスパ戦をまくり勝ちしたので、私が思っているよりも高い能力があることがわかりました。(阪神コースの特徴)このレースプランは皐月賞本番でもぶつけていけると思うので、相手関係は格段に強くなりますが、秘かに期待したいです。

ビターエンダー

パワーが要る馬場でチャンスがあると思います。前走はルメールJの神騎乗がなかったら恐らく勝っていましたし、前々走は直線で急に内によれたことでジョッキーが満足に追えていない部分がありました。あれがなければ馬券内には来ていたと思います。これに関して言えば、オルフェーブル産駒ということで気性面の問題があるのかもしれないですね。一応マイラプソディには前走先着していますし、ダーリントンホールともあれだけ壮絶な叩き合いを繰り広げたので、馬券内のチャンスはあると思っています。スタートが早くない分、初めての多頭数で馬群に包まれたときにうまく対応できるかというのはポイントになりそうです。加えて馬場の影響もありますがこれまでスローの展開しか経験していないので、G1のペースについていって脚を溜められるかという問題もありますね。馬場が重くて中枠で自分の内に逃げ馬がいるとなれば、位置取りを含め理想の展開に近づきそうです。

キメラヴェリテ

かなり飛ばした逃げを打つので、内枠に入れば面白い存在だと思います。前走は初めての芝コースで大外枠から出鞭を打ってぶっ飛ばしていきました。阪神の2000mコースだったので、坂を二度越えることになったのですが(阪神コースの特徴)、最後もそれほど脚が上がった感じはありませんでした。もともとダートを使っていたというだけあって、パワーと持久力が優れているんだと思います。おそらく本番もこの馬が逃げると思いますし、前走くらいの逃げを打てばついてくる馬はいないと思うので、超大型馬の叩き3走目ということで面白い存在になるのではないかと期待しています。先行勢、差し勢がそれぞれけん制しあって追い出しが遅れればまんまと逃げきりなんてこともあるかもしれません。

ブラックホール

スローでパワーのいる馬場になれば、ワンチャンスといった感じです。札幌で重賞を勝った時がまさにこれで、ラップは最後までほぼ一定で他馬が脚を取られて沈んでいく中この馬が後方から伸びて頭まで来ました。前走も似たような条件でしたが、上位馬は瞬発力も兼ね備えていたため切れ負けした感じでしたね。重馬場で乱ペースになってくるくらいこの馬向きになれば、マイペースで進めて最後まで伸びきる競馬ができるかもしれません。ただ前走が本気の本気で走った感があるので、パンチの足りなさから、ただ単に馬場が重くなればいいということでもなさそうです。

サトノフウジン

前崩れの展開待ちではないでしょうか。スタートは悪くないですが、二の足が無いのでどうしても後方からの競馬になります。スローで脚が溜めればそれなりには伸びてきますが、突き抜けられるほどではありません。なので現段階では、スローかつ前がまくる馬がいて前の馬が脚を使う展開になることが唯一の好走パターンかなと思います。

ウインカーネリアン

スローを先行して、やや早めから仕掛けて押し切るのが好走パターンだと思います。馬場は軽くないと厳しそうです。理想としてはレシステンシアのように後続に脚を使わせるような競馬ができれば出番もありそうですが、まだまだスタミナ不足感が否めないのでインのラチ沿いを通ってスタミナのロスを抑えることが大前提となりそうです。勝ち筋としては、まずは瞬発力勝負に持ち込ませないことだと思います。

アメリカンシード

中団あたりで、有力馬を徹底マークすればある程度のペースならついていけるかもしれません。最後の差し脚は不足しているので馬券内は厳しいかもしれませんが、目標に向かって一生懸命走るタイプなのでこの馬の力は出して行けそうです。ただ多頭数の経験がないことから、本番で包まれたときを考えると不安なことに変わりはないですね。

ディープボンド

のんびりしていて折り合いがつくタイプなので、距離はある程度長いほうがよさそうです。正直皐月賞のペースは不向きだと思いますし、多頭数の経験がないこともこの馬にとってかなりディスアドバンテージになると思います。この馬はマイペースで走らせて力を発揮するタイプだと思うので、、

テンピン

一戦馬なので何とも言えませんが、スローよりも平均くらいのペースの方が合うのではないでしょうか。瞬発力があるようには見えないので、ヨーイドンになるくらいなら前目から粘りこみに徹したほうがいい結果につながるとは思います。今回は相手がかなり強化されて、前走とは何もかもが違ってくると思うのでちょっと好走するパターンが思いつきませんでした。

今回は以上になります。

-重賞予想
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【宝塚記念2020】過去レースラップ分析と各馬理想の展開を徹底解説

先週も重賞は的中なりませんでしたが、平場予想の方が絶好調で勝負レース指定できっちり的中を続けられています! ブログの更新はTwitterでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします! Twitt …

no image

【安田記念2020】最終予想 アーモンドアイは相手探し

安田記念の最終予想をしていきたいと思っています。この記事は過去データと有力馬分析記事、穴馬分析記事を2つの記事をベースにしていますので、まだ読まれていない方は先にそちらを読んでもらえると更にわかりやす …

no image

【新潟記念2020】レースラップ分析/出走馬分析/展開予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter: https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プ …

no image

【ヴィクトリアマイル 2020】有力馬理想の展開を徹底分析!

先週のNHKマイルCは展開の予想と各馬のムーブは、ほぼ想定通りでしたがどれも上手くはまらず力を出し切れない一戦となってしまいました。馬券にはなりませんでしたが筋は良かったと思うので、よろしければ先週の …

no image

【競馬】桜花賞週の厳選予想①忘れな草賞(阪神9R)

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 2ウインマイティー 先行 5リリーピュアハート 3ライティア 8イズジョーノキセキ 押し出されるようにしてウインマイティーがハナ …