あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【毎日王冠2020】過去レースラップ分析/出走馬理想の展開/展開予想

投稿日:

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更Twitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします!

Twitter:

https://twitter.com/Asahi_keibablog

また、プロの予想家の予想は以下のリンクから無料で見ることができます!

ブログ概要

このブログでは、各馬の得意なレースラップを分析して、それに当てはまる馬を人気馬、穴馬関係なく推奨しています。

簡単に言うと、スローペースが得意なのか、ハイペースが得意なのかといったイメージです。

一般的には、この馬はスローペースの時に好走しているとか、あの馬はハイペースが苦手な傾向があると言われたりしますが、ここではレースラップを1ハロン毎に分割して、もっと詳しく好走条件を分析をしています。

①後半の4〜5ハロンで速いラップを刻むことで、長くスピードが求められる展開が得意な馬がスピード系持久力タイプ。

②後半4〜6ハロンで遅いラップを刻むことで、長くパワーが求められる展開が得意な馬がパワー系持久力タイプ。

③ラスト3ハロンで一気に早いラップに切り替わることで速い上がりタイム、つまり一瞬の加速力が求められる展開が得意な馬が瞬発力タイプ

他にもいくつかパターンはありますが、このような分析を各馬に対して行って、過去のレースラップの傾向や展開予想と組み合わせることで、今回のレースでベストなパフォーマンスを見せてくる馬を選ぶ予想の流れになっています。

レースラップ分析

過去5年のレースラップ

2015年 1:45.6(良)13頭立て

13.0-11.2-11.7-12.0-12.0-11.7-11.0-11.3-11.7

1着馬(1-1-1)

2着馬(5-5-5)

3着馬(4-5-5)

2016年 1:46.6(稍重)11頭立て

12.5-11.3-12.0-12.5-12.0-11.8-11.4-11.5-11.6

1着馬(10-11-11)

2着馬(9-9-9)

3着馬(12-12-12)

2017年 1:45.6(良)12頭立て

12.8-11.0-11.8-12.2-12.2-12.1-11.1-10.7-11.7

1着馬(7-7-7)

2着馬(9-8-8)

3着馬(9-10-10)

2018年 1:44.5(良)13頭立て

12.8-11.0-11.5-12.0-11.7-11.7-10.9-11.2-11.7

1着馬(1-1-1)

2着馬(6-8-8)

3着馬(2-2-2)

2019年 1:44.4(良)10頭立て

12.9-11.3-11.3-11.5-11.5-11.6-11.2-11.3-11.8

1着馬(10-10-9)

2着馬(1-1-1)

3着馬(2-2-2)

レースラップ分析

東京競馬場の開幕週で行われるレースで、毎年出走頭数が比較的少ないのが特徴的かと思います。それでも昨年の勝ち馬がダノンキングリー、その前がアエロリットとG1戦線で勝ち負けするような馬を輩出しているレースでもありますね。

レースラップの観点からは5年のレースを2パターンに分けられます。まず1つ目が、、

詳しくは動画で解説します!

有力馬理想の展開

サリオス

好走パターン:朝日杯FS

12.2-10.5-11.1-11.6-11.8-11.8-11.6-12.4 (4-4) 16頭立て

バランス型の持久力タイプの馬ですね。ここまで皐月賞2着、ダービー2着ときていて実力は申し分ないレベルにあって、コントレイルがいなければこの馬が最もクラシック三冠に近かったと言って間違いないでしょう。特に前走のダービーは、この馬にとって明らかに距離が長かった中でもラストはきっちり伸びてきたので改めて実力の高さを示してきたように思います。

この馬自身かなり大きな馬格の持ち主というだけあって、急カーブや急加速には不向きな印象なので、前走に引き続き広い東京コースで走れるのはプラスだと思います。距離もおそらくマイル〜2000mの範囲が適性距離だと見ているので、1800m戦というのも良いですね。

その中でも個人的に最も良いと思っているのはレースラップ傾向です。東京コースということで、瞬発力勝負になった場合は古馬相手にどこまでやれるかという不安が大きくなりますが、過去の傾向的に持久力勝負になる傾向があるので、これなら初の古馬混合戦でも十分力を発揮できると考えています。

休養を挟んで始動戦にはなりますが期待十分です。

サトノインプレッサ

好走パターン:毎日杯

12.9-11.1-11.4-11.9-12.3-12.1-11.7-12.1-12.4(10-8)10頭立て

パワー系の瞬発力タイプの馬ですね。デビューから3戦連続で道悪のレースとなりましたが3連勝を飾り、毎日杯はほぼ最後方から豪快に差し切りました。この時のインパクトが強くてNHKマイルCでも人気を集めましたが、道中でおもいっきり引っかかってしまった上に、前残りの展開で全く見せ場がありませんでした。そしてその大凡走の次だったダービーで、内枠を生かして我慢させた結果4着まで伸びてきたので、折り合い一つで大きく変わる典型的な瞬発力タイプかと思います。

これまでのレース内容からパワー系の瞬発力タイプとしていますが、良馬場の自己条件でどこまで鋭い脚を使えるかが分からない分、ディープインパクト産駒らしく良馬場で更に上昇する可能性もあるかと思います。距離的にも明らかなマイラーということで、直線の長い東京コース+1800m戦なら、前走に比べて明らかに条件はこの馬向きになりそうです。

あとは初の古馬混合戦ということで、力差が鍵になるのではないでしょうか。

ザダル

好走パターン:関越S

12.5-10.5-11.0-11.6-11.8-11.8-11.7-12.1-12.3(5-5)14頭立て

バランス型の持久力タイプの馬ですね。関越Sは大逃げの馬がいた分、前半からとんでもなく速いラップを刻んでいますが実際のところはもう少し押さえた数字だったと見ていいです。なので全体的には一定ラップに近い展開になっていたと考えていて、それを5番手から上がり最速の32.8秒をマークしての1着となれば強さが際立っていたように思います。新潟コースだったのでより速い上りが出ましたが、32秒台はこの馬だけだったので、OP特別なら一枚上手だったように思います。

これまで戦ってきた重賞ではセントライト記念の3着が精一杯で、勝ち切るには足りないイメージが強かったこの馬ですが、1800m路線に移ってきて一段上がったような印象があります。突き抜けたスピードやパワーがあるわけではないのでこれまでの根幹距離という条件では好走止まりでしたが、バランスの取れた能力を生かせるのがこの距離なのかもしれません

もちろん今回も1800m戦になりますし、新潟コース同様、直線の長い東京コースということで能力面で考えれば試金石になるかと思いますが、楽しみな1頭です。

ダイワキャグニー

好走パターン:エプソムC

12.5-11.2-11.6-11.9-11.9-12.1-11.8-11.9-12.8(3-2-2)18頭立て

パワー系の持久力タイプの馬ですね。不良馬場だったエプソムCを勝ち切ったことからパワーがあることが証明されましたが、それ以上に刻んだラップが優秀だったと見ています。一見一定ラップの流れで、ラスト1ハロンで前が崩れたように見える数字ですが、不良馬場を考えればペースとしては十分速いと思いますし、ラスト2ハロン目からもっと凹んでもおかしくなかったです。それを先行していた数頭が粘っていたからこそ、後方勢が全く届かない結果になったと思っていて、その中でも突き抜けたのがこの馬だったということになります。

これまで様々な競馬を試しながら様々な条件を使ってきましたが、広いコース+先行策+後続に脚を使わせる展開という自己条件がようやく見つかった印象で、開幕週が合うかは微妙ですが、きっちり先手を取って逃げ馬を突っつきながら運べばチャンスはありそうです。

穴馬理想の展開

コントラチェック

スピード系の持久力タイプの馬ですね。引っかかる癖があるだけに、単騎で逃げて運ぶことが好走の為の最重要条件になっている印象で道中で消耗が激しいと大凡走もあるピンがパーの競馬が目立ちます。毎日王冠は今年も例年同様に出走頭数も少ないですし、コース形態的に先行争いも激しくなりにくいので、これはこの馬にとって大きくプラスだと思います。

次に得意パターンについてですが、これは結構明白ですね。基本的にスピードが勝っている馬なのである程度のレースで流しつつ、ラスト2ハロン目で最速ラップを刻むのが勝ちパターンとなっています。つまり、厳し目の流れから後続を引き離す加速をすることで、そのまま振り切る形を得意としています。これに関しては、中山コースのような直線の短いコースでこそ活きる強みだと思っているので微妙と見ていて、広くて直線の長いコースでもいかに他馬に脚を使わせるかがポイントになりそうです。

カデナ

スピード系の持久力タイプの馬ですね。脚質は後方からの差し、まくり差しを得意としているので若干異なりますが、おおよその強みはコントラチェックと似ています。

この馬も速いラップを楽々追走して、一瞬の再加速で前を捕らえるのが好走パターンになっているので、どちらかと言えば大阪杯の時のような内回りコース向きかと思います。元々が追い込み脚質だっただけに、前走の新潟記念でも穴人気はしていましたが掲示板にも載れなかったので、やはり一瞬の脚を活かせる競馬の方が向いていそうです。

コントラチェックのペースになるなら、セットでこの馬もついてきそうに思いますが、やはり形態的に東京コースというのがネックですね。とはいっても実績を見て分かるように、今年に入って大きく成長しているのは間違いなくて、G2戦とはいえ凡走はないと見ています。過去レース傾向もこの馬に合っていそうなので、コースを上手く使えれば馬券内もありそうです。

サンレイポケット

瞬発力タイプの馬ですね。展開がハマったこともありましたが、初の重賞挑戦だった前走でいきなり馬券内まできたので力はありそうに思います。休み明けであの競馬ができたなら、これからも重賞クラスで戦っていけそうに感じています。

この馬はほぼ最後方に控えて運んで、直線だけで差しにくる典型的な瞬発力タイプとなっていて、スローペースからの極端なギアチェンジを求められる展開を得意としています。2017年のレースラップがまさにこのパターンだったので、この年に走っていれば間違いなく力を発揮していたのではないでしょうか。直線の長い東京コースとの相性も良さそうなので、十分期待ができますね。

しかしながらその反面、不安点が2点あります。1点目は開幕週で、中々前の馬が止まらない可能性を踏まえれば位置取り面で不安が残るところで、2点目は毎日王冠自体が持久力勝負になる傾向があることで、ペースが流れることで案外脚がたまらず直線を迎えるパターンもあるかと思います。

なのでこの馬の取捨はやはり、展開予想に直結させて考えるのが良さそうですね。

展開予想

逃げ 6トーラスジェミニ

先行 1コントラチェック

   5ダイワキャグニー 9サリオス

   2ワンダープチュック 11カイザーメランジェ

トーラスジェミニが逃げると想定します。今週末は台風の影響で道悪が予想されますが、この馬はエプソムCで不良馬場をこなしているので問題なくハナを主張していけそうです。展開としてはやはり飛ばして逃げると考えていて、道悪の分時計はかかると思いますが、、

詳しくは動画で解説します!

結論

本命◎  5ダイワキャグニー

激押し★ 6トーラスジェミニ

相手△  4ザダル

     9サリオス

週末の天気は土曜日の段階で雨模様なので、不良馬場になるかはわかりませんが重馬場あたりを想定して印を回しています。

本命◎にはダイワキャグニーを選びました。重馬場のJCを14番人気ながら6着、不良馬場のエプソムCを9番人気ながら1着と道悪でこそ生きるパワーを今回も信頼したいと思います。今年で6歳になりますが、新たに力を発揮できる条件が見つかったのは大きな進歩の材料で、それを今回のレースでも見せてきそうなところに可能性を感じています。去勢明けということでこれがどう出るかわかりませんが、メンバー的に最も条件があっていそうにも見えるのでこの評価でいきます。

激押し★にはトーラスジェミニを選びました。長い間低迷期を彷徨っていたこの馬ですが、ダイワキャグニー同様不良馬場で開催されたエプソムCが大きな転換点になりました。ジョッキーと手があっていることも一要因かもしれませんが、最近は自分の形で結果を残すことができています。前走の札幌記念は流石に相手が強すぎた感があったので、メンバー的にも条件的にも明らかにこの馬向きになりそうな今回のレースなら間違いなく前進してくると考えて、激押し評価でいきます。

さいごに

私が1年間で馬券回収率を10倍に上げることができた方法をまとめて記事にしています。

元々、全く当てられないというわけではありませんでしたが明らかにJRAの養分になっている感覚はありました。しかし、その状況をある意識をもって馬券を考えることで、1年後には成果として残すことができました。

これを現在でも続けることでプラス収支を続けられているので、記事にして発信しようと思い今に至っています。勿論重賞だけではなく、平場レース予想にも確実に役立てることができる内容になっていますし、間違っても堅い人気馬に厚く張りましょうという内容ではありません。

有料記事にはなりますが私自身、回収率が10倍になった方法なので価格以上の価値はあると思いますし、色々な方に読んでいただきたいということで、5000字くらいの記事にまとめました

読んでいただいて内容が良ければぜひ拡散して、これからも応援してもらえると嬉しいです!

私が馬券回収率を10倍まで上げた方法

では今回は以上になります、ありがとうございました!

-重賞予想
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【皐月賞】参考レース解説と有力各馬の理想の展開考察

目次 ・報知弥生ディープ記念 ・ホープフルステークス ・朝日杯フューチュリティステークス ・共同通信杯 報知弥生ディープ記念 1着 サトノフラッグ 2着 ワーケア 3着 オーソリティ 1着が皐月賞で有 …

no image

【皐月賞】全頭診断!馬券になる条件を見つける

目次 ・ヴェルトライゼンテ ・クリスタルブラック ・コルテジア ・ラインベック ・ガロアクリーク ・レクセランス ・ビターエンダー ・キメラヴェリテ ・ブラックホール ・サトノフウジン ・ウインカーネ …

no image

【オークス 2020】 激走穴馬を探す!各馬理想の展開を徹底解説!

過去データ分析と有力各馬の理想の展開はこちらの記事で解説しているので、ぜひ読んでみて下さい! ではいきましょう! 目次 ・マルターズディオサ ・サンクテュエール ・リアアメリア ・ホウオウピースフル …

no image

【アーリントンC】有力馬理想の展開とは?軸馬は展開適性で決める

目次 ・タイセイビジョン ・ギルテッドミラー ・プリンスリターン ・グランレイ タイセイビジョン ハイペースになる、もしくは短距離のような一定ペースのレースになれば持ち味を生かせると思います。この馬は …

no image

大阪杯、ダービー卿CTのレース回顧

目次 ・予想結果 ・大阪杯回顧 ・ダービー卿CT回顧 ・現在の回収率 予想結果 大阪杯 ×-★-◎ で決着 本線のワイドが的中しました! 人気馬の取捨【買い】 ・クロノジェネシス 2着(4番人気) ・ …