あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【札幌記念2020】過去レースラップ分析/各馬理想の展開/展開予想

投稿日:

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更Twitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします!

Twitter:

https://twitter.com/Asahi_keibablog

また、プロの予想家の予想は以下のリンクから無料で見ることができます!

ブログ概要

このブログでは、各馬の得意なレースラップを分析して、それに当てはまる馬を人気馬、穴馬関係なく推奨しています。

簡単に言うと、スローペースが得意なのか、ハイペースが得意なのかといったイメージです。

一般的には、この馬はスローペースの時に好走しているとか、あの馬はハイペースが苦手な傾向があると言われたりしますが、ここではレースラップを1ハロン毎に分割して、もっと詳しく好走条件を分析をしています。

①後半の4〜5ハロンで速いラップを刻むことで、長くスピードが求められる展開が得意な馬がスピード系持久力タイプ。

②後半4〜6ハロンで遅いラップを刻むことで、長くパワーが求められる展開が得意な馬がパワー系持久力タイプ。

③ラスト3ハロンで一気に早いラップに切り替わることで速い上がりタイム、つまり一瞬の加速力が求められる展開が得意な馬が瞬発力タイプ

他にもいくつかパターンはありますが、このような分析を各馬に対して行って、過去のレースラップの傾向や展開予想と組み合わせることで、今回のレースでベストなパフォーマンスを見せてくる馬を選ぶ予想の流れになっています。

レースラップ分析

過去5年のレースラップ

2015年 1:59.0(良)15頭立て

12.5-10.9-11.7-11.9-11.9-12.0-11.9-12.0-12.1-12.1

1着馬(2-3-2-2)

2着馬(12-12-12-12)

3着馬(11-10-9-8)

2016年 2:01.7(稍重)16頭立て

12.7-10.9-12.0-12.2-12.1-12.2-12.7-12.5-12.1-12.3

1着馬(1-1-1-1)

2着馬(8-9-9-7)

3着馬(11-11-12-11)

2017年 2:00.4(良)13頭立て

12.7-11.0-11.7-13.0-12.3-12.1-11.9-11.9-11.8-12.0

1着馬(6-7-6-6)

2着馬(11-10-9-8)

3着馬(6-5-5-4)

2018年 2:01.1(稍重)16頭立て

12.5-10.4-11.5-12.1-12.6-12.4-12.0-12.6-12.5-12.5

1着馬(7-7-7-9)

2着馬(15-14-13-11)

3着馬(16-16-16-14)

2019年 2:00.1(良)14頭立て

12.6-11.0-12.5-12.0-11.8-12.1-12.0-12.0-11.9-12.2

1着馬(9-9-8-6)

2着馬(3-3-4-2)

3着馬(9-9-10-9)

レースラップ分析

終始平坦コースを走る札幌2000m戦ですが、短い直線やパワーの要る洋芝などによって、上がりタイム自体は目立ちません。しかしながら、ラスト3ハロンの上がり1〜3位の成績が近5年で(3-4-4-4)と抜群の結果につながっているので、パワーのいる馬場もこなせるスピード馬が好走してくる印象のレースです。

コーナーを4回周るコースになりますが、どの年もほとんどラップが緩んでいないのが大きな特徴かと思います。唯一2017年が4ハロン目に13秒台のラップを踏んでいますが、これはその手前の2.3ハロン目のラップが速かった為に調整されたものと考えられるので、前に行った馬が楽に立ち回れた年は無いように見えます。実際、直線の短い札幌コースにもかかわらず、4角10番手より後ろの位置からでも問題なく馬券内まで来ています。なので、位置取りから狙えるとすれば、中団差し〜追い込み勢がいいのではないでしょうか。

レースラップの観点から考えると、特に後方待機勢の好走が目立った2015.2016.2018年の特徴としては、スタートしてからの2.3ハロン目のラップがかなり速いです。ここで脚を使いすぎて、思ったよりも洋芝に脚を取られて最後は失速するパターンが多いように感じます。また2.3ハロン目というのは、最初のコーナー手前から向正面手前くらいまでなので、平坦コースやスタンドの歓声の影響もあってかどんどん進んでしまう点が原因ではないでしょうか。

加えて、全体的にラストまで一定に近いラップが目立つので、後方勢でも瞬発力タイプよりも持久力タイプの方が狙いやすいと思います。これは過去5年間で馬券内にきた馬の80%が480キロ以上の馬体重を持つ大きな馬というデータが裏付けになると思います。

有力馬理想の展開

ラッキーライラック

好走パターン:エリザベス女王杯

12.7-11.6-13.3-12.7-12.5-12.8-12.3-11.6-11.5-11.4-11.7(7-8-8-8)18頭立て

開催が進んだ京都コースとのこともあって、前半は13秒台のラップも混ざるくらいにはゆったりとした流れで進んでいましたが、ラスト4ハロン目から一気に加速してそのままラストまで11秒台の速いラップを刻み続けるという内容でした。11秒台のラップを刻んだのがラスト4ハロン目からということで、4ハロンのロングスパートにも見えますが、加速度合いで言うなら5ハロン目からと考えてもいいかもしれません。荒れた馬場を考慮すれば、ラストでラップが落ちなかったのはかなりの持久力の証明になると思っていて、レースラップ分析で解説した通り、パワーもスピードも求められるのが札幌記念なので、今回のレースへの適性はかなり高いと考えています。

前走の宝塚記念は、レース直前の大雨が響いた結果だし、レース後に馬場がこの馬には合わなかったとコメントが出ていることからも、力負けではないと考えられるので、今回は再度期待していいでしょう。

ノームコア

好走パターン:ヴィクトリアマイル 

12.0-10.9-11.3-11.4-11.1-11.2-11.1-11.6(5-5)16頭立て

2ハロン目が10秒台、3ハロン目以降が全て11秒台のラップを刻み続けた、超スピード系の持久力が求められたレースでした。G1レースでレコードを更新したことがあるくらいにスピード能力が高い馬で、高速馬場に近づくほど能力をフルに発揮してくる印象です。そのスピードの高さもあって、スプリント戦線にも挑戦しましたがこれは上手くハマらず、再度マイル路線に戻ってきてG1で3着、4着と好走した流れで今回のレースを使ってきます。

前走の内容からして、位置取りはゲートを出たなりで折り合えるところならどこからでも競馬ができる印象で、展開に注文がつかないのは強いポイントかと思います。ただこれまで、使ってきた回数が多いと言うこともありますが、東京コースでの良績が圧倒的に多いので、コース形態が大きく異なる札幌コースに変わって力を出し切れるかと言うのは不安点として挙げられます。

また馬体重が460キロ前後と、480キロ以上の馬格の大きな馬が好走する傾向が見られるレースなだけに、パワー面での不安も残るかと思います。

ブラックホール

好走パターン:札幌2歳S

12.3-11.5-12.2-12.3-12.3-12.5-12.5-12.3-12.5(8-9-10-9)12頭立て

今回と同じ札幌コースでの重賞勝ち鞍がある馬です。レース内容としては、全体を通してほぼ一定ラップを刻んでいて、ラストまでラップが凹むことはなかったので、持久力が求められた一戦だったと思います。この馬は中団後方に構えて、直線を向くまで道中はほぼ動かずに脚を溜めて、ラストで突き抜けるような競馬をしてきました。札幌記念は過去のレースから、まさにこの競馬ができる馬が構想する傾向が大きく、実績としてあげたのが、2歳重賞とメンバーレベルに不安はあるにしても、今回の出走馬の中で過去のレース内容から最もレース適性が高いと言えるのはこの馬でしょう。

レース適性が高いとなればあとは、古馬に混じって能力がどこまで足りるかが最大のポイントになりそうですね。今回はレース間隔がタイトだったクラシック戦線を進んで、その休み明けの1戦になるので、間隔が空いた分の成長分にも期待して見ていきたいと思います。

アドマイヤジャスタ

好走パターン:函館記念

12.4-11.2-11.7-11.7-11.8-11.8-12.0-12.1-12.4-12.6(7-9-9-7)16頭立て

かつては皐月賞でサートゥルナーリアの2着に好走したことで、能力を高く評価されていた馬ですが、それ以降なかなか結果が出ずに二桁着順を6レース連続で続けていました。そんな中、2走前の鳴尾記念で6着、前走の函館記念で1着と一気に復調してきました。

この好走した2レースの共通点としては、パワー系の持久力が求められたレースだったと言うことです。馬体重も500キロを超える大きな馬なだけに、スピードを大きく求められるような展開になると中々ついていけない面はあるけど、12秒台の一定ラップや後半でラップが落ちていくような展開なら持ち味を活かして重賞レベルでも戦える印象です。陣営側もなんとかしたい思いから、ダイヤモンドSを使ってみたりと色々な条件を使ってましたが、ようやく適正条件が見えてきたようですね。

前走後に抜け出してから遊んだりと気性の幼さはまだまだ見受けられるとのコメントが出ていたので、高い信頼はおきにくいですが、過去の大敗が気性の幼さ故のものなら、能力はオッズ以上のものを秘めているかもしれないです。

穴馬理想の展開

トーセンスーリア

スピード系の持久力を活かしたいタイプの馬で、それなりに底力もある印象です。実際に新潟大賞典では、ラスト4ハロン目から11秒台半ばのラップを刻む苦しい展開でしたが、好位からきっちり押し切ることができました。馬場的に先行馬が有利ではありましたが、最後まで伸びていたことは間違い無く評価できると思います。

また前走の宝塚記念では、例年の如く持久力の求められる展開の中で、強いメンバーでしたが、14番人気ながら7着と好走してきたので、5歳馬ではありますが成長を感じるレースが続いています。

札幌記念は速い上がりの馬が好走する傾向にはありますが、求められている能力としては瞬発力よりも持久力だと思っているので、好走してくる可能性は十分にあると考えています。札幌コース自体は何度も走っていて勝ち鞍もあるし、横山Jも相変わらず付きっきりなので、力関係は課題でもこの馬自身の力は出してきそうです。

トーラスジェミニ

エプソムCまでは大逃げ一車のイメージでしたが、前走で溜めてロングスパートの逃げを打ってきました。エプソムCの3着は前の馬が恵まれたと言われていますが、ラップ全体を見てもラストで凹んだだけで全馬がバテて偶々前の馬が残ったような数字には見えません。なので個人的には、パワー系の持久力が高かったので、3着まで残せたと見ています。

巴賞にしても重賞ではありませんでしたが、スローペースからのロングスパートという新たな戦法で勝ち切りましたし、その次の函館記念では4着とレースを重ねる度に上昇しているように感じます。作り出せる展開の幅が広がっということで、今回はどちらの逃げを打ってくるかは分かりませんが、出走頭数も少ないのでこの馬のペースで進められるのは間違い無いでしょう。

今の充実度を活かして自分の形に持ち込めば、馬券内まできても不思議はないかと思います。

ペルシアンナイト

札幌コースと相性の良いハービンジャー産駒の馬で、昨年のこのレース5着の成績もありますね。G1馬なだけあって能力の高さは間違いなくて、いつも期待値は高いんですけど、ワンパンチ足りない分最近だと、掲示板止まりのイメージがあります。

高速決着にも対応できるし、時計がかかる馬場でも力を出してくるのでオールマイティなんだとは思いますが、トップクラスの馬には中々勝ち切れないレースが多いですね。とはいってもG2.G3戦なら上位に並ぶ馬だし、道中で引っかかるところがあるので、そこを上手く誘導できれば勝ち負けまで見込めると思います。

個人的に一番不安視しているのは距離ですね。基本的に1600m〜2000mをメインに使ってきていますが、実績やレース内容を踏まえるとベストは1600m〜1800mだと思っていて、札幌記念の2000mは1ハロン長い印象です。今回は先行策を取る示唆も出ていますし、この距離がどう出るかはポイントと見ています。

展開予想

逃げ 12トーラスジェミニ

先行 3トーセンスーリア 4ドレッドノータス 6ラッキーライラック

   1ノームコア 2ペルシアンナイト 8カウディーリョ

詳しくは動画にて解説します!

結論

本命◎    7ブラックホール

激押し★    11アドマイヤジャスタ

相手△    9イエッツト

推奨馬券

本線 ◎     複勝1点

抑え ◎、★、△ ワイドBOX

過去のレースラップ傾向と展開予想の通り、後方待機の馬を狙っていきます。

本命はブラックホールです。三歳馬が不調なレースであるというデータや、持ち時計が遅いことから不安視されてはいますが、札幌2歳Sの内容を根拠に考えればやはりメンバーの中で最も今回のレース傾向に合っているのはこの馬だと思います。前走の良馬場開催だったダービーでも3着馬に0.1秒差と惜しい競馬で、時計がかからなくてもここまでやれていたので、晴れ予報でも力は出してくると考えています。調教でも石川Jがずっと乗り続けていて久々でも仕上がりは良さそうだし、有力馬が叩き台としてここを使ってくるなら逆転まであっていいし、3歳馬ながら戦法が確立している点からも狙いやすいので、面白い存在だと思います。

激押しにはアドマイヤジャスタを選びました。長いスランプからの復調が顕著に感じられる馬で、今回も十分期待していいと思っています。4歳馬でまだまだ気性の幼さがあるとのことなので、これまでの大敗にも少なからず影響していると考えられます。この気性面の幼さの対策として前走から着用したパシュファイヤーがかなり効いているようで、ようやくレースで能力を出せるようになりましたね。かつてはG1でサートゥルナーリアに追いすがれるくらいの位置にはいた馬なだけに、復活の兆しが見えた今はかなり怖い存在だと思っています。今回は斤量が57キロに増えますが、500キロを超える馬格の馬でパワーもあるタイプなだけに大きな不安材料としては考えなくていいし、むしろ今の充実度を活かしてさらに前進してくると期待しています。

相手にはイエッツトと選びました。今回は一気の格上挑戦となりますが前走の札幌でのレース内容が良かったので一応押さえておこうと思います。脚質的にも後方から速い上がりを使って差すタイプで展開的にも恵まれそうに思うし、調教でもかなり動けています。定量戦で能力差をどこまで埋められるかは大きな課題でも、これまで戦ってきた相手は結構強かったと思っているし、ジョッキーも絶好調なので3着くらいまでなら紛れこむ余地はあるかと思っています。

さいごに

私が1年間で馬券回収率を10倍に上げることができた方法をまとめて記事にしています。

元々、全く当てられないというわけではありませんでしたが明らかにJRAの養分になっている感覚はありました。しかし、その状況をある意識をもって馬券を考えることで、1年後には成果として残すことができました。

これを現在でも続けることでプラス収支を続けられているので、記事にして発信しようと思い今に至っています。勿論重賞だけではなく、平場レース予想にも確実に役立てることができる内容になっていますし、間違っても堅い人気馬に厚く張りましょうという内容ではありません。

有料記事にはなりますが私自身、回収率が10倍になった方法なので価格以上の価値はあると思いますし、色々な方に読んでいただきたいということで、5000字くらいの記事にまとめました

読んでいただいて内容が良ければぜひ拡散して、これからも応援してもらえると嬉しいです!

私が馬券回収率を10倍まで上げた方法

では今回は以上になります、ありがとうございました!

-重賞予想
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【福島牝馬ステークス】最終予想

目次 ・レース傾向 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 レース傾向 過去3年でこのレースは差し馬が勝っています。加えてこれはたまたまそうなったのではないと思います。まず福島1800mの特 …

no image

【青葉賞】2020 予想

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 13ロールオブサンダー 先行 4ブルーミングスカイ 10ダノンセレスタ 16ディアスティマ    3オーソリティ 7ヴァルコス  …

no image

【競馬】桜花賞週レース回顧

目次 ・桜花賞 ・阪神牝馬S ・忘れな草賞 ・現在の回収率 桜花賞 1着 デアリングタクト 2着 レシステンシア 3着 スマイルカナ 前半ハロン34.9秒に対して後半3ハロンが38.1秒とかなりの前傾 …

no image

マイラーズカップ 最終予想

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 2ランスオブプラーナ 9リコーワルサー 先行 3タイムトリップ 5ベステンダンク 11フィアーノロマーノ    1インディチャンプ 7ヴァンド …

no image

【京都新聞杯 2020】 最終予想

京都新聞杯の予想は動画にしてあるので、そちらもぜひ見てみて下さい!(YouTubeにアクセスします) 目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 5ホウオウエクレール  先 …