あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【朝日杯FS2020】 過去レースラップ分析/出走馬理想の展開解説/展開予想

投稿日:

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更Twitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします!

Twitter:

https://twitter.com/Asahi_keibablog

また、プロの予想家の予想は以下のリンクから無料で見ることができます!

ブログ概要

このブログでは、各馬の得意なレースラップを分析して、それに当てはまる馬を人気馬、穴馬関係なく推奨しています。

簡単に言うと、スローペースが得意なのか、ハイペースが得意なのかといったイメージです。

一般的には、この馬はスローペースの時に好走しているとか、あの馬はハイペースが苦手な傾向があると言われたりしますが、ここではレースラップを1ハロン毎に分割して、もっと詳しく好走条件を分析をしています。

①後半の4〜5ハロンで速いラップを刻むことで、長くスピードが求められる展開が得意な馬がスピード系持久力タイプ。

②後半4〜6ハロンで遅いラップを刻むことで、長くパワーが求められる展開が得意な馬がパワー系持久力タイプ。

③ラスト3ハロンで一気に早いラップに切り替わることで速い上がりタイム、つまり一瞬の加速力が求められる展開が得意な馬が瞬発力タイプ

他にもいくつかパターンはありますが、このような分析を各馬に対して行って、過去のレースラップの傾向や展開予想と組み合わせることで、今回のレースでベストなパフォーマンスを見せてくる馬を選ぶ予想の流れになっています。

レースラップ分析

過去5年のレースラップ

2015年 1:34.4(良)16頭立て

12.5-10.8-11.4-12.6-12.7-11.9-10.8-11.7

1着馬(15-15)

2着馬(8-6)

3着馬(10-6)

2016年 1:35.4(良)18頭立て

12.8-11.2-11.6-12.7-12.3-11.5-11.2-12.1

1着馬(13-12)

2着馬(14-14)

3着馬(1-1)

2017年 1:33.3(良)16頭立て

12.6-10.8-11.8-12.0-12.1-11.3-11.0-11.7

1着馬(3-4)

2着馬(12-10)

3着馬(7-7)

2018年 1:33.9(良)15頭立て

12.7-10.9-11.7-12.4-11.8-11.3-11.2-11.9

1着馬(3-3)

2着馬(4-4)

3着馬(2-2)

2019年 1:33.0(良)16頭立て

12.2-10.5-11.1-11.6-11.8-11.8-11.6-12.4

1着馬(3-3)

2着馬(12-8)

3着馬(15-15)

レースラップ分析

レースラップの観点からは過去5年のレースを2パターンに分けることができます。

まず一つ目が瞬発力が求められた展開で、2015.16.17年が該当します。直線入り口とぴったり重なるラスト3ハロン目のラップが一気に上がっていて明らかなギアチェンジが起きているのが特徴で、3年とも上がり1位と2位がワンツーとなっています。脚質的な有利不利は無さそうですが、4角で10番手以降の位置からでも届くことからいかに脚を溜めて鋭く伸びることができるかがポイントになっています。逆に長く良い脚を使うタイプにとっては一気に交わされる可能性が高い分、有力馬であっても注意が必要になりそうです。

次がスピード系の持久力が求められた展開で、2018.19年が該当します。どちらの年もレース全体を通してほとんと11秒台のラップを踏み続ける展開となっていて、後方から運ぶ馬は余程の切れ味がないと届かないような流れです。メリハリのあるラップの中で脚を溜めたい馬にとっては厳しい展開となっていて、いかにロスなく回ってこれるかは大きなポイントになっていそうです。

特に今年は開催日程の関係で阪神コースは内側がかなり荒れてきていて、先週も各馬内側を大きく空けて走っていました。ここを踏まえると、どちらの展開になったとしても、後方待機の馬にとっては4角でのコースロスが例年よりも大きくなる分、求められる能力は高くなりそうです。

有力馬理想の展開

レッドベルオーブ

前走:デイリー杯2歳S 1着

12.9-10.9-11.2-11.6-11.5-11.4-10.9-12.0 (5-5)8頭立て

スピード系の持久力タイプの馬ですね。2戦連続でレコード勝利を記録していて、どちらのレースもかなりのスピード能力を発揮しての勝利となっています。前走は中団から溜めて運びましたが、好位から抜け出すような競馬も展開できるタイプなだけに展開にも注文がつきにくいタイプです。一瞬の切れ味については上がりタイムからしてまだ未知な部分となるので、瞬発力勝負になりにくそうな馬場が荒れた阪神コースで競馬ができるのはプラスになりそうです。

今回は多頭数になりますし、理想の展開としては後半にラップが切り上がっていく流れを好位から運べる展開を挙げます。

モントライゼ

前走:京王杯2歳スプリングC 1着

12.1-10.6-12.0-12.4-11.4-11.3-12.0(2-2)18頭立て

瞬発力タイプの馬ですね。前走は初の良馬場、そして初の1400m戦ということで未知な部分の多いレースでしたがきっちりと勝ち切ってきました。内容としてはマイル戦に近いメリハリのあるラップを刻んでいて、ラスト3ハロン目で明らかなギアチェンジがあった中を好位抜け出しでした。デビューから1200m戦を使われてきた馬とは思えないような対応力が見られたので、今回のマイルへの距離延長もあまり不安に考えなくても良さそうです。

理想の展開としては、二の足が速いのでこれを活かしてレースを引っ張るような展開、縦長の隊列になっても良いので後続に脚を消耗させるような展開が良さそうです。

ステラヴェローチェ

前走:サウジアラビアRC 1着

12.4-11.2-12.0-13.2-13.1-12.4-12.0-13.3(9-10)10頭立て

パワー系の持久力タイプの馬ですね。新馬戦は逃げ切り勝ち、前走は最後方から追い込んでの勝利と真逆の位置から勝ちきっていますが、展開的にはどちらもタフな競馬であったということでここがこの馬の強みになりそうです。この2戦を見た印象だとスピード系の印象は無くて、上がり勝負やレース後半で加速していくような流れだと置いていかれそうにも思うので、ここは注意が必要です。

理想の展開としては、前半からペースが流れて後半にかけてラップが切り下がるような展開が良さそうで、今の荒れた馬場はこの馬にとって大きくプラスなので面白いと思います。

ドゥラモンド

前走:アスター賞

12.5-11.5-12.1-12.4-12.5-12.1-12.2-11.8(8-8-7)9頭立て

スピード系の持久力タイプの馬ですね。前走は稍重馬場でのレースだったのでラップ自体は遅いですが、4角手前から切り上がっている流れの中で加速して差し切り勝ちだったので内容としては強かったと思います。機動力がありそうな印象で、2連勝しているどちらとコーナー3つの舞台だったのでどっしりと構えるようなタイプではなさそうです

今回はワンターンのレースになりますが、理想の展開としては後半でラップが切り上がる流れを挙げます。ラスト4ハロン目あたりから加速し始めるくらいが丁度良さそうですね。

展開予想

逃げ 6ブルースピリット

先行 13ホウオウアマゾン 1カイザーノヴァ 2グレナディアガーズ

   11バスラットレオン 14モントライゼ 10アスコルターレ

   4ショックアクション 8レッドベルオーブ 9テーオーダヴィンチ

ブルースピリットが逃げると想定します。1400mのスプリント路線を経てマイルのここを使ってくる馬で、スピードを活かした展開を使ってきそうです。具体的には前走同様、前半からかなり速いペースで飛ばして逃げて行った行ったの競馬を展開して、スピードだけで押し切るような戦法になります。他に逃げ馬と言えるのはホウオウアマゾンがいますが枠順的にこちらは控えそうで、先行馬がかなり多い印象のメンバー構成です。先行馬の中には道中で引っかかりそうな馬もちらほらいるので、スローになることはまずないでしょう。後半でラップが切り下がる展開を想定するということで、パワー系の持久力タイプか極端に後方からレースを進めたい瞬発力タイプの馬を狙っていきます。

結論

本命◎  7ステラヴェローチェ

激押し★ 15ロードマックス

相手△  8レッドベルオーブ

     11バスラットレオン

     13ホウオウアマゾン

推奨馬券

本線 ◎-★、△ 馬連流し (4点)

抑え ◎-★、△ 3連単1着固定流し (12点)

本命◎にはステラヴェローチェを選びました。パワー系の持久力タイプの馬で、後半でラップが切り下がる展開になるならきっちり力を発揮してくれそうです。不良馬場開催だった前走後のコメントで、跳びがきれいなタイプで、決して道悪が得意なわけではないというコメントが出ていたので、良馬場のタフな展開で更に上昇も見込めます。先週に多々見られた状況ですが、直線でインが開くようならそこに突っ込めるパワーも兼ね備えているので期待していきたいと思います。

激推し★にはロードマックスを選びました。瞬発力タイプの馬で、前走が1400m重賞の2着なので速い流れにも乗っていけることが分かっています。特に後方の馬が有利な展開でもない中、直線だけで一気に伸びてきたところを見ると今回も出番がありそうです。新馬戦が不良馬場の中で2馬身差を付けての完勝で荒れた馬場への不安もないし、展開的にも向きそうなので狙っていきます。

-重賞予想
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【フローラS】有力馬理想の展開とは

目次 ・スカイグルーヴ ・ホウオウピースフル ・レッドルレーヴ スカイグルーヴ 前走時 最終追い 南W 69.1-53.7-38.4-12.4 馬なり 今回  一週前  南W 84.4-68.1-54 …

no image

マイラーズカップ 最終予想

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 2ランスオブプラーナ 9リコーワルサー 先行 3タイムトリップ 5ベステンダンク 11フィアーノロマーノ    1インディチャンプ 7ヴァンド …

no image

【京都新聞杯】 各馬理想の展開とは?

目次 ・アドマイヤビルゴ ・アリストテレス ・ファルコニア ・ディープボンド ・マンオブスピリット ・メイショウダジン アドマイヤビルゴ 前走時 一週前  DP  80.0-64.8-50.2-36. …

no image

【新潟記念2020】レースラップ分析/出走馬分析/展開予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter: https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プ …

no image

【秋華賞2020】過去レースラップ分析/出走馬理想の展開/展開予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter: https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プ …