あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【ヴィクトリアマイル 2020】 穴馬徹底分析!買える穴馬1頭と買えない穴馬2頭

投稿日:

今週日曜日には荒れるG1と言われているヴィクトリアマイルが行われます。今年もアーモンドアイの力は抜けていそうな感じがしますが、その他は人気ほど差がないように思います。

ですので、穴馬を徹底的に分析して効率よく抑えていくために、今回は3頭について解説します。

コントラチェック

ピンかパーかの競馬をするイメージのこの馬ですが、強みは良馬場限定にはなりますが、マイル戦でも1400m戦のようなラップで逃げ切ることができるスピードとスタミナがあることです。

普通、マイル戦で淀みなく逃げた場合は直線の途中でしんどくなってきて、最後に差されることが多いです。なのでどの馬もマイル戦になるとコーナーで息を入れたがりますし、1ハロンの違いですが1400m戦とは刻むラップがかなり違ってくることが多いです。ちなみに1400m戦は、淀みなく逃げてもスピード能力が高ければそのまま残れることも多々ありますね。

なのでこれまで中山コースを主戦場に使ってきましたが、コーナーで楽をしたいというよりも逆に、コーナーで後続に脚を使わせたい馬なのでワンターンの東京に変わっても何の問題もないと思います。むしろコーナーが下り坂になっていて、ペースが落ちにくい東京は合っていると思います。またこの馬の競馬ができれば、瞬発力勝負にはならないので、直線が長いコースになっても大丈夫だと思います。

過去に1800m戦のフラワーカップをスローペースで完勝していますが、あれはスローの逃げを打ったのに後続がついてこなくて、またどの馬も最後まで仕掛けてこなかった為、ラスト2ハロン勝負になるというこの上なく逃げたこの馬に展開が向いたレースだったので参考外と考えた方が良さそうです。

ということで買える穴馬は今回、得意のマイル戦になり、コース適性も高いと見ているコントラチェックです。

ビーチサンバ

秘かに穴人気の雰囲気が漂っている1頭ですね。絶好調の福永Jを背に期待が膨らみますが、どうでしょうか。

着順はいつも掲示板を外さないので、堅実なタイプに感じます。4走前にはレコード決着となった1800m戦のローズSで2着に来たことで、スタミナと瞬発力の高さが示されたように見えます。この時のラップがこのようになっていて、

12.8-11.2-11.4-11.7-12.2-11.7-11.0-10.5-11.9

高速馬場だったことを考えれば4,5,6ハロン目はかなりゆったりと流れています。つまり、脚を溜める時間がかなり長かったということで、前で競馬をしていたこの馬にとっては、恵まれた展開であった点には注意が必要です。

前走の阪神牝馬Sのラップは、

12.3-10.8-11.4-12.0-11.9-11.2-11.7-11.6

距離的な差はありますが、ローズSよりか厳しい流れになり、最終コーナーでの一気のペースアップについて行けずに置いて行かれたことも加わって、着差以上に上位2頭とは力差を感じる4着でした。このことから持久力よりも瞬発力がかなり勝っていることが分かるので、阪神牝馬Sのようなタイトな流れになるよりも、ローズSのようなヨーイドンの競馬の方がこの馬の良さが出そうに思います。

今回は東京コースに変わるので、コーナーで置いていかれることはないと思うので前走からの前進があるかもしれませんが、やはり能力的には差がある印象です。インの番手くらいまで上げて、前有利な展開になる、もしくは後方で溜めて前崩れを狙えば好走もあると思いますが、タイトな流れになりやすいG1になりますし条件的にはかなり厳しいと思います。あまり強気に推せる穴馬ではないです。

シャドウディーヴァ

東京新聞杯で強烈なインパクトを与えたこの馬ですが、強みはなんといっても溜めれば最後まで鋭く伸びきれる末脚です。

ただ強烈な末脚というだけあって、能力を発揮する為には条件があります。それは、スローペースもしくは長めの中だるみレースラップを刻むことです。つまり豪快に弾ける分、溜めの時間が長く必要ということです。

2着に好走した東京新聞杯では、このようになっていて

12.4-10.9-11.4-11.6-11.8-11.5-11.6-11.8

一見淀みなくレースが流れたように見えますがこれは、逃げた馬が後続をかなり離して逃げて作ったラップなので、2着以降はこれよりも明らかに緩いラップで走ることができていました。この馬に関して言うなら、外目の枠だったんですけど上手く内に入れて結局最後まで内を走らせることで、誰よりも溜めを作れて誰よりも弾けることができました。

適性距離についてはマイル~1800mくらいだと思っていて、コース適性については東京専用機と言われているだけあって、東京コースでの成績がかなり良いです(1-4-1-1)。この理由は簡単で、直線の長い東京コースで早仕掛けをして道中のラップを早める馬はあまりいないので、直線での瞬発力勝負になりやすいからです。

では東京のマイル戦であるヴィクトリアマイルはどうかということですが、これはおそらく不向きです。前回の動画でヴィクトリアマイルの内枠有利説について解説しましたが、まさにそれが理由ですね。つまりG3の東京マイル戦とG1の東京マイル戦は全く違うペースでレースが流れるということが理由です。

もし今年のヴィクトリアマイルがG3レベルのメンバー構成だったなら、十分好走の可能性を秘めていると思いますが、アーモンドアイを筆頭にメンバーが揃っているのでペースが緩むことはないと読んでいます。なので東京専用機だとしても、今回に限って言うなら不向きだと思います。

最後に、私が馬券を勉強してきた中で、最もわかりやすかった本を紹介します。それが馬券の教科書という本で、初心者から中級者くらいまでに対応している内容がかなり詰まっていて、私の中で分かっているようで分かっていなかったことを浮き彫りにされて、かなり勉強になりました。

今の自分の予想法を確立するために必須だった一冊ですし、これから自分の論理で馬券を当てていきたいと思っている方にとっても、買って後悔しない一冊だと思います!

これから競馬を勉強する方、パドックや調教を始めもう一度知識を確かなものにしたい方には本当に充実の内容となっていますのでぜひ読んでみて下さい!(kindle版もあります)

勝ち馬がわかる競馬の教科書

ついでに、私が予想の軸にしている展開予想論でよく出てくる”レースラップ“について解説してくれている本も一緒に貼っておくので、展開予想を軸にこれから馬券を組み立てたい方はぜひ読んでみて下さい。

ラップ馬券学 (競馬ベスト新書)

 

 

では今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

-重賞予想
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【ヴィクトリアマイル 2020】最終予想 枠順が明暗を分ける

各馬の詳しい解説は、有力馬診断と穴馬診断の記事を参考にしてください! 馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter:https: …

no image

【アンタレスS】有力馬理想の展開とは?軸馬は展開で決める

目次 ・クリンチャー ・ベストタッチダウン ・ロードゴラッソ ・アナザートゥルース ・ウエスタールンド クリンチャー 前が止まればチャンスありですね。ダートに挑戦して2戦ですが、どちらも稍重馬場なので …

no image

【オークス 2020】 激走穴馬を探す!各馬理想の展開を徹底解説!

過去データ分析と有力各馬の理想の展開はこちらの記事で解説しているので、ぜひ読んでみて下さい! ではいきましょう! 目次 ・マルターズディオサ ・サンクテュエール ・リアアメリア ・ホウオウピースフル …

no image

【マイラーズC】人気馬理想の展開とは

目次 ・インディチャンプ ・フィアーノロマーノ ・ヴァンドギャルド ・レッドヴェイロン インディチャンプ 前走時 最終追い 坂路 51.5-37.2-24.3-12.2 仕掛 今回  一週前  坂路  …

no image

大阪杯、ダービー卿CTのレース回顧

目次 ・予想結果 ・大阪杯回顧 ・ダービー卿CT回顧 ・現在の回収率 予想結果 大阪杯 ×-★-◎ で決着 本線のワイドが的中しました! 人気馬の取捨【買い】 ・クロノジェネシス 2着(4番人気) ・ …