あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【ローズS2020】レースラップ分析/出走馬分析/展開予想

投稿日:

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更Twitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします!

Twitter:

https://twitter.com/Asahi_keibablog

また、プロの予想家の予想は以下のリンクから無料で見ることができます!

ブログ概要

このブログでは、各馬の得意なレースラップを分析して、それに当てはまる馬を人気馬、穴馬関係なく推奨しています。

簡単に言うと、スローペースが得意なのか、ハイペースが得意なのかといったイメージです。

一般的には、この馬はスローペースの時に好走しているとか、あの馬はハイペースが苦手な傾向があると言われたりしますが、ここではレースラップを1ハロン毎に分割して、もっと詳しく好走条件を分析をしています。

①後半の4〜5ハロンで速いラップを刻むことで、長くスピードが求められる展開が得意な馬がスピード系持久力タイプ。

②後半4〜6ハロンで遅いラップを刻むことで、長くパワーが求められる展開が得意な馬がパワー系持久力タイプ。

③ラスト3ハロンで一気に早いラップに切り替わることで速い上がりタイム、つまり一瞬の加速力が求められる展開が得意な馬が瞬発力タイプ

他にもいくつかパターンはありますが、このような分析を各馬に対して行って、過去のレースラップの傾向や展開予想と組み合わせることで、今回のレースでベストなパフォーマンスを見せてくる馬を選ぶ予想の流れになっています。

レースラップ分析

過去5年のレースラップ

2015年 1:45.2(良)17頭立て

12.5-11.0-11.6-11.6-11.7-11.9-11.2-11.5-12.2

1着馬(16-15)

2着馬(17-17)

3着馬(13-9)

2016年 1:46.7(重)15頭立て

12.6-11.2-11.6-12.0-12.5-12.2-11.7-10.9-12.0

1着馬(11-10)

2着馬(1-1)

3着馬(4-4)

2017年 1:45.5(良)18頭立て

12.4-10.9-11.3-11.8-12.2-12.0-11.6-11.3-12.0

1着馬(13-13)

2着馬(1-1)

3着馬(13-15)

2018年 1:45.7(良)15頭立て

12.7-11.0-11.5-12.3-12.4-12.2-11.0-10.8-11.8

1着馬(2-1)

2着馬(9-8)

3着馬(5-7)

2019年 1:44.4(良)12頭立て

12.8-11.2-11.4-11.7-12.2-11.7-11.0-10.5-11.9

1着馬(7-5)

2着馬(2-1)

3着馬(4-3)

レースラップ分析

ローズSも今年は阪神コースではなく中京コースでの開催ということで、よく似たコース形態ではありますが、大きく異なるところもあるのでそこは抑えておきたいポイントですね。

レースラップの観点から見たときに、パターンとしては2015〜2018年までの4回と、2019年の1回の二つに分けることができます。

まず2015〜2018年は、、

詳しくは動画で解説します!

有力馬理想の展開

デゼル

好走パターン:スイートピーS

12.7-11.2-12.0-12.7-12.5-12.5-11.4-10.9-11.2(14-14-14)

瞬発力タイプの馬ですね。位置取りはかなり後方から進めて直線だけの競馬に持ち込んでの差し切り勝ちが目立つように、瞬発力は相当なものがあると思います。デビューまでに色々と問題の多かった馬ということもあって、ここまで僅か3戦しか経験しておらず、その内2戦は勝利、あとの1戦は明らかに距離の長かったオークスでの敗退とまだまだ底が見えていないところが期待を持たせてくれますね。

前走後に流石にデビュー3戦目でのオークスは厳しかったけど、良い脚を使っていたし、ここから更に良くなるとのコメントが出ていたので、距離を短縮しての2000m戦なら変わってきそうに思います。

勝利した2戦ともに直線の長いコースでの瞬発力勝負だったので、持久力比べになった時がどうかという不安はありますが、傾向的には瞬発力勝負になりやすいので、これはかなり良いですね。実績的に人気を背負いすぎたときに取捨に悩みますが、能力は上位とみて良さそうです。

クラヴァシュドール

好走パターン:阪神JF

12.2-10.5-11.0-11.8-12.0-11.2-11.5-12.5(9-9)16頭立て

スピード系の持久力タイプの馬ですね。これまで重賞で5回走って掲示板を外したのは前走のオークスだけと、かなり堅実な印象があります。戦法としては、中団差しもしくは好位差しを得意としていて、極端な展開にさえならなければ幅広く対応できるので、それが安定した成績にも繋がっているようです。

前走のオークスは距離の問題というよりも馬場が合わなかったようで、直線に向いても手応えは良かったとのコメントが出ていたので、今後も長い距離のレースでも狙っていけると思います。

阪神JFではレシステンシアがレコード決着の超スピード系の持久力勝負に持ち込んだ為、各馬が尽くバテていた中で、中団にいたこの馬はしぶとく伸びて馬券内まできたので、この持久力はかなりの武器になりそうですね。先週の土曜日には、これまで凌ぎを削ってきたマルターズディオサが紫苑Sを勝ったことからも、やはり世代の中では上位の実力がありそうなので、間隔は空きましたが今回も期待して良いと思います。

リアアメリア

好走パターン:オークス

12.3-11.1-12.0-12.3-12.1-12.7-13.0-12.6-12.1-11.2-11.2-11.8(12-10-10-10)18頭立て

瞬発力タイプの馬ですね。アルテミスSで強烈な差し切り勝ちを収めたことで、G1で1番人気を背負った経験もありますが、気性面の幼さから結果がついてきていませんでした。パドックではうるさいし、ゲートを出てからもかかりっぱなしで、騎手の合図への反応も悪く評価が下がっていましたが前走のオークスで、かなりの前進がありましたね。得意としていたマイルでも引っかかる馬が、2400mに延ばして走るわけがないという予想に反して、上がり33.7を記録しての4着と復調気配が感じられました。

今回は再度距離を短縮してきますし、コース的にも直線が長く強みは活かせそうに思います。調教本数が少なく、内容も軽いのでそこは気になりますが、川田Jも認める能力の高さでどこまでやれるかといったところですね。

フアナ

好走パターン:1勝クラス(1着時)

12.2-11.0-11.9-11.7-11.4-11.8-11.5-11.6-11.8(6-6-6-4)14頭立て

スピード系の持久力タイプの馬ですね。前走ですんなり勝ち上がってきましたが、フローラSで3着してから3ヶ月以上の休み明け+馬体重が22キロ増と、仕上げとしては余裕残しの中でもかなり強い内容でした。2着馬には迫られましたが、3着馬以下には3馬身以上の差をつけたので、能力が違った印象です。

フローラSで3着した時の内容を見ると、これも持久力を求められる展開に見えますが、当日はかなりの強風で時計以上にパワーも求められていたことを考えれば、パワーもあるスピード系の持久力タイプといった方がいいかもしれないです。メンバー的に有力どころの中では唯一の上がり馬の立場で挑めますし、今回が+22キロを休み明けを叩いて2戦目ということでかなりの上積みが見込めそうに思います。

過去の傾向的に多い瞬発力勝負になったときに、どれだけ力を出してこれるかは疑問ですが、出来の良さは頭ひとつ抜けていそうなので、相手は強いですが逆転もあるかと思います。

穴馬理想の展開

リリーピュアハート

瞬発力タイプの馬ですね。ただ瞬発力タイプといっても、後方に控えて差す脚質というよりか、好位差しを得意としている印象です。まだまだ体幹がしっかりしていないところがあるので、厳しい展開になったり、道悪でのレースになるとヨレてしまう面もありますが、好位に付けられるスピードと長い距離をこなせるスタミナ、そして一瞬の脚も備わっているところから能力的には高いものがあるとみています。

前走のオークスでは、距離自体は長いということは無かったですが、スタート直後に躓いて転倒寸前まで体制を崩してしまったのが最後まで響きました。それでもラストはグイグイと追い上げていたところからも上位勢との差は逆転できる範疇にあると考えています。

2000mよりも2400mの方が適正は高そうですが、展開的にはスローからの追い比べの傾向があってこの馬向きなので、力は出してきそうに思います。

アブレイズ

バランス型の持久力タイプの馬ですね。前半から速いペースでラップを刻んで、最終コーナー手前で一度緩め、そして直線で再加速するような展開を作ることができれば、この馬のパターンと言っていいと思います。マイル戦でちらほら見かける一方で、長い距離のレースではあまり見かけない印象の戦法なので波乱の起点になってもおかしくないと思っています。

キャリア的にもすでに重賞勝利経験があって、唯一負けたのが条件的に不向きだった前走のオークスだけなので、今回はダークホース感がありますね。その点でも期待を持ちたいところですが、今回の舞台がコーナー4回でも長い直線なのはあまり良い条件とは言えないんですよね。距離短縮はプラスなので、あとは今の綺麗な馬場を生かしていかに後続に脚を使わせるかというところにかかってきそうです。

ウーマンズハート

瞬発力タイプの馬ですね。新潟2歳Sで見せた末脚がかなり強烈で、多くの方の頭にも残っているかと思います。あの時点で4角7番手から上がり32.8を記録しての勝利だったので、G1の舞台でも穴人気はしていましたが、中々結果に結びついていない現状があります。

この馬については、ハーツクライ産駒で成長力が足りていないとの声も上がっていますが、レース内容から考えてシンプルに条件が合っていなかったことの方が影響は大きかったように思います。16着に敗れた桜花賞はドロドロの馬場でデアリングタクトを除けば、完全前残り、12着に敗れたオークスはマイル適性が高いこの馬にとっては明らかに距離が長すぎたことが大きな敗因なので、展開さえハマればぶち抜いてくる可能性もあると思います。

今回の2000mという距離も若干長いように感じますが、直線が長く追い込み競馬も決まりやすい傾向のあるレースということで、前走に比べれば間違いなく前進はあると思います。

展開予想

逃げ 10アブレイズ

   4ヤマニンプディパ 16シャムロックヒル 17エレナアヴァンディ

先行 5リリーピュアハート 6セウサラーリ 12チャイカ

   2フィオリキラリ 9クラヴァシュドール 18ライオンダンス

 

逃げるのはアブレイズを想定します。

今年は逃げ先行馬が多く揃った印象で、先行争いが激化しそうに思います。これに開幕2週目の馬場傾向を加味すれば例年とは異なりペースが速くなるのは明らかで、、

詳しくは動画で解説します!

 

結論

本命◎  9クラヴァシュドール

激押し★ 2フィオリキラリ

相手△  3フアナ

     15デゼル

 推奨馬券

本線 ◎、★、△ 馬連BOX

抑え ◎-★、△ 三連単1頭軸マルチ

展開的には差し追い込み勢有利ということで変わりませんが、週末の天気が下り坂で、金曜日の午前時点で稍重~重馬場が想定されていることを踏まえた印となっています。

本命にはクラヴァシュドールを選びました。前半から速いペースになっても対応できることが分かっているのが強くて、道悪もこなせるところの安定感を高く評価しました。桜花賞での4角手前での不利やオークスの不向きな条件を考えればここで本来の力を見せてくる可能性は大いにあると見ていて、軸としては最適と考えています。休み明けの分を割り引いたとしても、ここはきっちり力を出してくると見ています。

激押しにはフィオリキラリを選びました。夏の上り馬の1頭となっていて、展開不問で力を出してこれるタイプという点を評価しています。道悪実績も十分あって、休み明けの前走は明らかな余裕残しの中での勝利ということで、今回の上積みはかなり大きいと見ています。過去のレースぶりから距離は2000mが最適に見えますし、桜花賞で敗れた相手が複数出走してきますが、今回の舞台なら仕上がりの違いも含めて逆転があると思っているので期待していきます。

さいごに

私が1年間で馬券回収率を10倍に上げることができた方法をまとめて記事にしています。

元々、全く当てられないというわけではありませんでしたが明らかにJRAの養分になっている感覚はありました。しかし、その状況をある意識をもって馬券を考えることで、1年後には成果として残すことができました。

これを現在でも続けることでプラス収支を続けられているので、記事にして発信しようと思い今に至っています。勿論重賞だけではなく、平場レース予想にも確実に役立てることができる内容になっていますし、間違っても堅い人気馬に厚く張りましょうという内容ではありません。

有料記事にはなりますが私自身、回収率が10倍になった方法なので価格以上の価値はあると思いますし、色々な方に読んでいただきたいということで、5000字くらいの記事にまとめました

読んでいただいて内容が良ければぜひ拡散して、これからも応援してもらえると嬉しいです!

私が馬券回収率を10倍まで上げた方法

では今回は以上になります、ありがとうございました!

-重賞予想
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【CBC賞2020 最終予想】過去レースラップ分析と各馬理想の展開を徹底解説!

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter:https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プロ …

no image

【京都新聞杯】 各馬理想の展開とは?

目次 ・アドマイヤビルゴ ・アリストテレス ・ファルコニア ・ディープボンド ・マンオブスピリット ・メイショウダジン アドマイヤビルゴ 前走時 一週前  DP  80.0-64.8-50.2-36. …

no image

【フローラS】有力馬理想の展開とは

目次 ・スカイグルーヴ ・ホウオウピースフル ・レッドルレーヴ スカイグルーヴ 前走時 最終追い 南W 69.1-53.7-38.4-12.4 馬なり 今回  一週前  南W 84.4-68.1-54 …

no image

【秋華賞2020】過去レースラップ分析/出走馬理想の展開/展開予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter: https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プ …

no image

【競馬】桜花賞週厳選予想② 阪神7R 4歳上1勝クラス

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 2アスクフラッシュ     6セントウル 先行 13ロードゼウス 15マルモネオフォース    5ダイシンクイント 10アーデン …