あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

平場予想

【ユニコーンS2020】過去データ分析と各馬理想の展開を徹底解説!

投稿日:

過去データ分析

枠順別成績

1枠(1-2-0-15) 複勝率:16%

2枠(1-0-2-17) 複勝率:15%

3枠(0-1-2-15) 複勝率:16%

4枠(2-1-0-17) 複勝率:15%

5枠(1-2-0-16) 複勝率:15%

6枠(3-0-2-15) 複勝率:25%

7枠(2-2-2-14) 複勝率:30%

8枠(0-2-3-15) 複勝率:25%

人気別成績

1番人気(3-3-0-4)   複勝率:60%

2番人気(3-3-1-3)   複勝率:70%

3番人気(4-1-3-2)    複勝率:80%

4〜6番人気(0-2-2-25)  複勝率:13%

7〜9番人気(0-1-4-25)  複勝率:16%

10〜12番人気(0-0-1-29) 複勝率:3.3%

13〜15番人気(0-0-0-28) 複勝率:0%

16〜18番人気(0-0-0-8)    複勝率:0%

過去5年のレースラップ

2015年 1:35.9(稍重)

12.4-10.8-11.3-12.3-12.1-12.1-12.1-12.8

1着馬(15-14)

2着馬(3-2)

3着馬(11-11)

 

2016 1:35.8(良)

12.5-11.1-11.7-12.0-12.3-11.8-12.0-12.4

1着馬(3-4)

2着馬(2-2)

3着馬(11-11)

 

2017年 1:35.9(良)

12.0-10.6-11.5-12.3-12.8-12.7-12.1-11.9

1着馬(9-10)

2着馬(14-10)

3着馬(5-6)

 

2018年 1:35.0(重)

12.2-10.8-11.8-12.3-12.3-11.9-11.5-12.2

1着馬(8-4)

2着馬(11-9)

3着馬(14-13)

 

2019年 1:35.5(重)

12.3-10.5-11.1-11.9-12.6-12.3-12.0-12.8

1着馬(1-1)

2着馬(7-5)

3着馬(3-3)

 

レースラップの特徴の解説と、ステップレースでもある過去5年の青竜Sのレースラップについては動画で詳しく解説しようと思います!

Twitterで発信した内容ですが、今年の青竜S組はここ数年の中では最もユニコーンSに直結しそうな内容になっていました!この情報はかなり馬券を考える上で好材料だと思うので、根拠の部分をぜひ見てもらえればと思います!

 

YouTubeチャンネルはこちらから!

Twitterアカウントはこちらから!

 

有力馬理想の展開

カフェファラオ

好走パターン:ヒヤシンスS

12.5-11.5-12.3-12.7-12.8-12.3-11.7-11.9(12-9)14頭立て

レース全体としてはペースが遅かった分、ほぼ直線での脚比べになりました。ただこの馬はかなり出遅れてしまった分、ほとんど最後方からの競馬になったのですが、道中でポジションを上げていって末脚も上がり2位と切れて差し切ることができました。遅いペースだったからこそ、この競馬がハマったとは思いますがそれでも他馬との力差は歴然でしたし、デムーロJも終始手応えが良かったとはいえ、あのスタートで勝てたのは驚きだったとコメントしています。

前走は出遅れてしまいましたが、新馬戦はきれいにスタートを出て逃げていますし、出遅れ癖のあるような馬ではない気がします。例え出遅れたとしても、前走のようにカバーできる可能性まで考えれば、G3ならなんとかなるかもしれません。

不安点としては速いペースを経験していないことですね。逃げた新馬戦もそうですが、追走で脚を使うようなレースになっていないので、重賞のペースで思うように脚がたまらない可能性はあると思います。そうなるとこれまでのようなレースができないので、末脚不発で大敗まで考えられますね。

レッチェバロック

好走パターン:1勝クラス(前走)

12.3-10.7-11.2-11.8-12.1-12.1-13.4(1-1)

逃げて2着馬に9馬身差をつける圧勝で、その2着馬も次走で2馬身以上の差をつけて勝ち上がりました。新馬戦から2連勝でここを使ってきますが、オープン馬に能力で引けを取る心配はないでしょう。

この馬は典型的なパワー型の持久力タイプで、テンの速さが他馬とは違うので、自らハイペースに持ち込むことができる分、展開に左右されないのはかなり強い点ですね。直線でも速い上がりが使える分、東京コースも合っていますし、ラストを流してあの時計が出ているので文句の付けようがないですね。

強いて不安点に挙げるとすれば、1ハロンの延長よりも馬場状態かと思います。距離はこれまでのハイラップを走り切っていることから問題ないかと思いますが、今のところパワー系の能力が目立っているので、雨が降って軽い馬場になってスピード負けする可能性はあると思います。まあこのレースラップを見る限りそこまで心配する必要はない気もしますが、どうでしょう。

タガノビューティー

好走パターン:ヒヤシンスS

12.5-11.5-12.3-12.7-12.8-12.3-11.7-11.9(14-14)14頭立て

スタートは普通に出ますが、二の足が無くてジョッキーも馬のペースを大事にして乗るためほぼ最後方からの競馬になります。

ヒヤシンスSでは中盤で緩んで脚が溜まっていたとはいえ、ラストのほぼ加速ラップになったレースを最後方からよく差してきたと思います。これは相当瞬発力が高くなければできない競馬ですし、前走はハイペースを差して3着だったので、対応できる展開の幅が広そうです。極端な脚質でも確実に鋭く伸びてくるので、案外信頼できるかもしれませんね。

理想とするなら青竜Sもそうでしたが、2015年や2019年のようにラスト1ハロンでガクッとラップが下がるレースがいいですね。メンバーは未確定ですが、おそらくテンが速くなるメンバー構成になりそうなので、例年のレース傾向を踏まえてもスローからの脚比べということはないでしょう。

また元々芝のレースで使われていて、その時から重賞でも掲示板くらいまで来ていたので地力はあるようですし、それでもダートに転向してきたということは陣営が相当適性を感じてのものだと思うので、今回がダート 転向後初の重賞になりますが期待できるのではないでしょうか。

デュードヴァン

好走パターン:青竜S

12.2-10.8-11.6-12.2-12.4-12.0-12.1-12.9(8-7)15頭立て

途中でアーリントンCを挟んだけどそれ以外はダートを使って、3戦3勝の負けなし。青竜Sはハイペースを中団前目から進んで、コーナーでは順位を上げて最後はクビ差でしたが押し切り勝ちでした。ダート馬にしては大きい馬ではないので、ごりごりのパワー系というよりか新馬戦、1勝クラスの勝ち上がりラップからスピードも兼ね備えている印象があります。

ユニコーンSと相性の良い青竜Sですが、勝ち時計がここ数年の中では1番早いのは高評価で、展開に左右されずに力を出し切れるのは心強いですね。走りに安定感がありますし、着差から派手さはないかもしれませんが、十分勝ち負けできるレベルだと思います。

穴馬理想の展開

サトノラファール

好走パターン:端午S

12.0-10.9-11.7-12.0-12.7-12.4-12.8(13-13)16頭立て

前半にかなり飛ばして最後のコーナー手前で一度緩んだことで、直線で再度伸びてこれるようなレースラップになっています。この馬はほぼ最後方から直線まで追い出しを待って、決して長いとは言えない京都コースの直線だけでアタマまで来る強い勝ち方でした。

1番評価できると思っているところは、ラスト3ハロン目で一気にラップが緩んでいる分、前の馬に一息入るタイミングがあったので、一定ラップなりに前にいた馬の方が有利な展開ではあったと思いますが、それをきっちり差し切ったところです。今回は重賞になる分もっとタイトな流れになる可能性が大きく後方から差してこれる馬にとっては有利に働きそうだし、コースも直線の長い東京コースに変わるのはプラスに働くでしょう。またこの馬は関西馬ですが既に中山への輸送を経験しているのでこれも良い点だと思います。1400m戦を2連勝してここに臨んでくるので、レース適性も高そうですね。

サンダーブリッツ

好走パターン:1勝クラス(1着)

12.0-11.0-11.7-12.4-12.4-12.3-12.3-12.9(7-6)16頭立て

未勝利戦の勝ち上がりもそうでしたが、切れる脚がない分、タイトな流れを中団前目から押し切る形が良さそうですね。レースの上がりが37.5に対してこの馬の上がりが36.9なので最後までこの馬なりに伸びていることが分かりますし、バテないことが強みです。

3歳戦はどうしてもスローになりがちなのでこれまでは展開に恵まれなかったり、スタートが上手く出られなかったりで噛み合わず勝ち切れていませんでしたが、今回は重賞になって強みを活かせる展開になりそうですし、軽視しすぎるのは危険に思います。クラスが上がった方が力を出してこれるタイプに見えるので、穴をあけてくる可能性はあるのではないでしょうか。

さいごに

私が1年間で馬券回収率を10倍に上げることができた方法をまとめて記事にしています。

元々、全く当てられないというわけではありませんでしたが明らかにJRAの養分になっている感覚はありました。しかし、その状況をある意識をもって馬券を考えることで、1年後には成果として残すことができました。

これを現在でも続けることでプラス収支を続けられているので、記事にして発信しようと思い今に至っています。勿論重賞だけではなく、平場レース予想にも確実に役立てることができる内容になっていますし、間違っても堅い人気馬に厚く張りましょうという内容ではありません。

有料記事にはなりますが私自身、回収率が10倍になった方法なので価格以上の価値はあると思いますし、色々な方に読んでいただきたいということで、アフィリエイト報酬を50%に設定しています。

読んでいただいて内容が良ければぜひ拡散してもらえると嬉しいです!

私が馬券回収率を10倍まで上げた方法

 

では今回は以上になります、ありがとうございました!

-平場予想
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

NHKマイルC週日曜日の平場レース予想

NHKマイルCの予想はこちらの動画にまとめているので、ぜひ見てみて下さい!(YouTubeにアクセスします) ではいきましょう! 目次 ・東京8R ・東京9R ・京都8R ・京都10R ・京都11R …

no image

天皇賞春週 土曜日の平場レース予想②

目次  ・東京10R ・東京12R ・京都10R ・京都11R ・京都12R 東京10R <展開予想> 平均ペース <軸馬と相手候補> 軸馬  :4ヴィジョンオブラヴ 相手候補 …

no image

宝塚記念週 日曜日の平場レース予想

本日は厳選予想を3レース提供します! 最近、重賞の馬券的中からは遠ざかっていますが、平場レース予想は好調なのでぜひ参考にしてもらえればと思います! 勝負レースはこちら↓でご覧ください!(紹介文のところ …

no image

NHKマイルC週 土曜日の平場レース予想~東京競馬場~

先週の天皇賞春では3400%を超える回収率をマークすることができました。今週もこれに負けないよう、予想をしていきますのでぜひ最後まで見ていってください! 京都新聞杯の予想動画はこちら! NHKマイルC …

no image

ヴィクトリアマイル週 土曜日の平場レース予想

ヴィクトリアマイルの予想は動画に上げているので、こちらからチェックしてみて下さい!(YouTubeにアクセスします) 馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォロ …