あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【キーンランドC2020】過去レース分析/展開予想/最終結論

投稿日:

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更Twitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします!

Twitter:

https://twitter.com/Asahi_keibablog

また、プロの予想家の予想は以下のリンクから無料で見ることができます!

ブログ概要

このブログでは、各馬の得意なレースラップを分析して、それに当てはまる馬を人気馬、穴馬関係なく推奨しています。

簡単に言うと、スローペースが得意なのか、ハイペースが得意なのかといったイメージです。

一般的には、この馬はスローペースの時に好走しているとか、あの馬はハイペースが苦手な傾向があると言われたりしますが、ここではレースラップを1ハロン毎に分割して、もっと詳しく好走条件を分析をしています。

①後半の4〜5ハロンで速いラップを刻むことで、長くスピードが求められる展開が得意な馬がスピード系持久力タイプ。

②後半4〜6ハロンで遅いラップを刻むことで、長くパワーが求められる展開が得意な馬がパワー系持久力タイプ。

③ラスト3ハロンで一気に早いラップに切り替わることで速い上がりタイム、つまり一瞬の加速力が求められる展開が得意な馬が瞬発力タイプ

他にもいくつかパターンはありますが、このような分析を各馬に対して行って、過去のレースラップの傾向や展開予想と組み合わせることで、今回のレースでベストなパフォーマンスを見せてくる馬を選ぶ予想の流れになっています。

レースラップ分析

過去5年間のレースラップ

2015年 1:08.6(良)16頭立て

12.1-10.6-11.3-11.8-11.4-11.4

1着馬(16-7)

2着馬(14-11)

3着馬(10-11)

2016年 1:08.5(良)14頭立て

12.1-10.9-11.1-11.3-11.3-11.8

1着馬(5-5)

2着馬(1-1)

3着馬(7-8)

2017年 1:09.7(良)13頭立て

12.0-10.5-11.0-11.6-11.7-12.2

1着馬(12-8)

2着馬(2-2)

3着馬(1-1)

2018年 1:09.4(稍重)16頭立て

12.1-10.7-10.9-12.0-11.6-12.1

1着馬(1-1)

2着馬(3-2)

3着馬(4-4)

2019年 1:09.2(稍重)16頭立て

11.9-10.3-11.0-11.7-11.8-12.5

1着馬(7-6)

2着馬(12-12)

3着馬(8-8)

レースラップ分析

5年間共通して言えることは、前半と後半の分かれ目である3,4ハロンを区切りにして、はっきりとラップが変化していることです。コース上の位置としては、最終コーナー手前辺りが該当しますが、この辺りから一気にペースが落ちています。映像で見てもこの傾向ははっきりしていて、前半のペースが毎年かなり早いのでスプリント戦にしては縦長の隊列を作りますが、このラップが落ちるところの辺りで一気に馬群が密集してきて、直線を向く頃にはほぼ一団となっています。なので、4角10番手以降にいた馬が好走していても、豪脚で差し切ったイメージとは違うし、4角先頭で好走していても逃げ切ったというより、先行集団の中でたまたまアタマ一つ出ていただけで、どちらかというと好位差しを決めたようなイメージの方が近いと思います。なので、通過順位だけでどのポジションが有利なレースかを判断するのはかなり危険かと思います。

レースラップの基本的な型としては、前半3ハロンが11秒台前半の速いラップ、次の2ハロンが11秒代後半〜12秒台前半のラップ、最後の1ハロンが12秒台後半のラップと考えられるので、どの年もパワー系の持久力が求められるということがわかります。2015年はラストまで11秒台のラップを刻んでいるので例外のように見えますが、先頭の馬が早々に捕まって、勢いのある差し馬がラップを塗り替えているので、むしろ2015年が一番厳しい流れだった可能性まであります。外差しが決まる年もチラホラ見られるので、パワー系の持久力ベースの瞬発力も高い馬が傾向的には狙うのに最適と考えられます。

有力馬理想の展開

ダイアトニック

好走パターン:函館スプリントS

12.0-10.4-11.0-11.2-11.1-11.8(2-2)16頭立て

ゲートが速くてスプリント戦でも安定して好位を確保できる馬で、総合的な能力も高いので成績も安定しています。元々はマイル路線をメインに使われていてそこそこの成績を残していましたが、スプリント路線に移ってきて覚醒した印象です。スプリント重賞の成績は(2-0-2-0)と抜群だと思います。基本的には前半からあり程度飛ばして、ラスト1ハロンでラップが凹むようなスピード系の持久力と底力を活かせるような展開を得意としていて、キーンランドの過去レースの傾向的にもこれに近い形が多いのは良いですね。ただあまりスタミナが必要な展開に偏ると、阪急杯の時のように直線でヨレてしまうこともあるので注意は必要かと思います。とはいっても今回は、1200m戦ということでよっぽどハイペースにならない限りは力を出し切ってくると思っているのし、懸念されていた58キロの斤量も前走でこなせていたので、十分期待はできると考えています。

ライトオンキュー

好走パターン:京阪杯

12.1-11.0-11.1-11.3-11.4-11.9(9-8)17頭立て

中団あたりから徐々にポジションを上げながら、直線でもう一足使って差し切るのが勝ちパターンの馬ですね。京阪杯は道中でラップがあまり緩まなかったために、ポジションは1つしか動いていませんが、3角、4角でペースが緩むようなレースでは明らかにポジションを押し上げて、そのまま差し切るパターンが目立ちます。

メリハリのある競馬を展開するタイプなだけに、ラストまで一定ラップで流れたり、加速ラップを踏むような展開は不向きでも、減速ラップの展開や、ラスト1ハロンで一気にラップが凹む展開になればこの馬の形と見て良いでしょう。特に減速ラップになる時は道中でポジションを上げやすい点から、最高系と考えて良いと思います。

そしてキーンランドCは、過去のレースラップ傾向から、その最高系に近いラップを刻む可能性が高いことが分かっています。もちろん展開次第ではありますが、メンバーの中でレース適正の高さを考えるとこの馬は最上位クラスに該当するのではないでしょうか。

フィアーノロマーノ

好走パターン:阪急杯

12.1-10.7-11.3-11.4-11.3-11.6-11.9(11-11)18頭立て

前走で初めて1200m戦を使ってきて、2着馬との差はわずかに0.1秒差と適性を示してきました。元々はマイル戦や1400m戦をメインに使っていましたが、550キロ前後のかなり大きな馬体の持ち主なだけにどうしても、メリハリのある急加速ラップなどには対応しきれないところがあったので。中団差しの競馬が得意な馬なだけに、ペースへの対応力が低いのはかなりのディスアドバンテージでしたね。

とはいっても、1400戦では何度も重賞での好走歴があっていつも人気を背負って走ってきています。まあそれでも、なかなか前を捉え切ることはできなくて勝ちきれない印象が強かったです。スプリント戦になれば不得意としているメリハリのあるラップになることは少なくなるし、後半にかけてラップが落ちていく傾向があるのもこの馬向きだと思います。ただパワーが明らかに勝っている馬なだけに、スピード競馬にどこまで対応できるかは大きな課題かというところでしょうか。

イベリス

好走パターン:UHB賞

12.3-10.5-11.0-11.8-11.5-11.7(7-4)13頭立て

夏場に調子を上げてくるタイプで、冬場は二桁着順続きでしたが、近2走はようやく力を出してこれるようになってきた印象です。マイル戦を走っていた時は、逃げて重賞を勝ったことのあるくらいスピードのある馬ですが、スプリント路線に来てからは粘り強さの方が目立っているように感じます。

正直なところ、スプリント路線がベスト条件かどうかはまだわからないと思っているところはありますが、これまでの傾向からして好走してくるパターンはおおよそ決まっています。それは、スピードで押しきれない、早めにラップが落ち出す展開になることです。つまりスプリント戦でよく見られるスピードだけで押し切る展開だとシンプルに追いつけなくて、早めに他馬がバテて垂れてきた時に差し込んでこれるといったイメージです。

なのでこの馬に関しては、自身の力だけではなく前々で運んだ馬の作り出す展開に助けてもらう必要がありそうです。また騎手の指示に対して反抗する幼さがレース中でも見られるということで、重賞で好走できる力はあっても、まだ大きく信頼を置くのは危険かと思います。

穴馬理想の展開

ヤマカツマーメイド

好走パターン:フィリーズレビュー

12.0-10.4-11.0-11.6-11.5-12.0-12.5(9-10)18頭立て

480キロ前後のそこそこ大きな馬体の馬ですが、能力的には完全にパワー系の印象が強いです。これまで主に1400m戦で使われてきていますが、好走しているのはどれも上がりのかかるレースばかりです。実際に、G2戦で2着にきた時は、稍重馬場だったとはいえ、この馬自身の上がりが35.9秒とスプリント戦にしてはかなり遅い部類に入ります。

レースラップ的にはラスト2ハロン目から明らかに前が苦しくなってパワー系の持久力が求められるような展開になっていたので、それくらいのタイミングから各馬がバテ始める展開の方が良さが生きてくるようです。

過去に札幌コースでの好走歴もあって、その時はラスト3ハロン目から時計がかかる展開と、今回のレース傾向に似ています。今回は初の1200m戦ということで、速い流れに対応できるかはカギになりそうだけど、適性は高そうに思います。

ダイメイフジ

好走パターン:函館スプリントS

12.0-10.4-11.0-11.2-11.1-11.8(1-1)16頭立て

前走で久々に芝路線に戻ってきて、いきなり好走してきました。芝でもダートでも、二の足がかなり速いのでスプリント戦でもハナを切れるくらいの高いスピード能力があります。得意なパターンとしては、その高いスピード能力を生かして淀みなく逃げて、最後は底力で粘り込むような形がベストだと考えていて、おそらく今回もこの形を狙ってくると思います。

前走が16頭立ての16番枠からハナを主張してマイペースに持ち込めたので、今回もフルゲートとなりますが、枠に関係なく理想の位置を取れそうです。ただ過去の傾向的に、好走している逃げ馬はこの馬のような快速馬ではなく、粘り強いパワー系のタイプなのでそこが不安点として挙げられます。逆にいえば、この馬のペースになると例年とは違うタイプの馬の好走が見られる可能性が出てくるので、番狂わせの起点になる可能性はあるかと思いますがどうでしょう。

ビリーバー

好走パターン:TVh杯

12.2-10.6-11.0-11.7-11.5-11.9(10-8)16頭立て

スピード系の持久力を活かして好走してくるタイプの馬ですね。目立って速い持ち時計はまだないけれど、成績は高値で安定していて、1200m戦になればその傾向はなお顕著です。

競馬のスタイルとしては中団差しがメインで、前がバテて苦しくなる展開よりも、一定ラップで進んで最後で若干ラップが凹むくらいの展開がベストかと思います。前残りの展開だったアイビスSDでも唯一中団差しから馬券内に飛んできたのがこの馬だったし、条件戦クラスにいた期間がかなり長かったけど、今なら重賞クラスに入っても能力は足りている印象です。

今回も得意の1200m戦なだけに、ペースが落ち着く展開が予想されるなら期待できる1頭ではないでしょうか。

エイティーンガール

好走パターン:シルクロードS

12.2-10.8-10.9-11.1-11.5-12.5(15-15)18頭立て

かなり後方から差してくるタイプの脚質で、ある程度展開が向けばきっちり差し込んでこれる印象があります。シルクロードSも4角15番手とほぼ最後方に位置していましたが、ラスト2ハロン目から前の馬がしんどくなるようなレースラップになっていたので、2着まで飛んできました。時期的に時計がかかる馬場ではありましたが、メンバー中上がり最速の33.5秒をマークしていましたし、洋芝コースになってもパワー面の心配は要らなさそうです。

ただ近2走は人気を背負いながらの凡走続きなのは少し気になっていて、脚質的に好走できる展開は限られてくるのは間違いなさそうですね。ちなみに凡走した2走は、展開に幅を持たせるためか先行したり中団差しを狙ったりしての結果になるので、条件は厳しくても今回は控えて一発を狙ってくると見ています。

1週でも調教内容は抜群に良いので、展開と仕掛けどころ一つで結果は大きく左右されそうです。

アスタールビー

好走パターン:しらかばS

11.9-10.6-11.5-11.4-11.1-11.8(2-2)16頭立て

しらかばSでは逃げ馬とほぼ並走の形で走っていて、ペースメイクにも大きく関与していたように思います。この馬の特徴としてはスパッと切れる脚はない分、長く良い脚を使えるタイプで、しらかばSはこれ以上ない理想のラップを刻んでいたように思います。特にラスト2ハロン目の11.1のところはかなり後続にも効いていたはずで、ラストも大きく凹んだわけではなかったので、能力としては高いものがあるように見えます。

ただこれまで条件戦で勝ちきれずにうろうろしていたことや、前走のしらかばSは、開幕週の前残り馬場が味方した可能性がある点を踏まえると、まだ大きく信頼はできないかと思っています。

今回は重賞に昇級後初のレースになりますが、同型との兼ね合いはあるにしてもこの馬のペースに持ち込むことができるなら、見せ場はあっても不思議はないかと考えています。

カッパツハッチ

好走パターン:千葉日報杯

12.2-10.8-11.2-11.5-11.2-11.5(1-1)9頭立て

2020年に入ってから馬券内にきたのは前走だけと、5回出走してる割には低迷している印象です。その前走も2番手から運んで、1番苦しかったラスト2〜3ハロン目で位置取りの利から楽できたのが大きかったと思うので、能力的な評価はあまり上げられないかと思います。

とはいえ2019年はこれに反して好成績を残していて、重賞2着の実績もあるんですよね。この重賞というのがアイビスSDで、その他のスプリント戦で逃げの展開を作れることもあってスピード能力は高いものがありそうに思っていて、特に千葉日報杯の時のように、速いラップの中でさらにメリハリをつけるような展開を自分で作れた時は、かなり強い競馬をしてきます。過去の好走レースの傾向から、この馬自身切れる脚はないけど他馬に脚を使わせるレースメイクはできるので、今回に関してもそれができるかというところが最大のポイントになりそうです。

展開予想

逃げ 2イベリス 6ショウナンアンセム 9ダイメイフジ

先行 1ダイアトニック 5メイショウショウブ 7メイショウカズヒメ

   12ライトオンキュー 13アスタールビー 16ヤマカツマーメイド

前走で逃げたダイメイフジやショウナンアンセムをはじめ、逃げ先行勢が揃った印象のメンバー構成です。内枠に入ったイベリス陣営からは逃げ宣言も出ているように、スタート次第ではどの馬が逃げてもおかしくないかと思います。これだけ前にいく馬が揃っていると、レースラップの観点で考えれば例年通り、前半3ハロンでかなり速いラップを刻んで、後半3ハロンでどこまで粘れるかというラップの刻み方をすると考えられます。むしろ例年よりも前半が早くなるようなら、2015年の時のように、差し勢がラスト1〜2ハロンのラップを塗り替えるような展開まで想定できます。

圧倒的1番人気想定のダイアトニックが最内枠に入ったことからも、他馬からのマークを受けやすくなり、ペースは上がる方に傾くと思うし、厳しい展開になる可能性はかなり大きいと考えます。

そうなると好走してくるのは、パワー系の持久力タイプだと思っていて、快速馬は逆に早い段階からバテて垂れていくようなイメージです。ポジションに有利不利がないことは、ラップ分析で話した通りなので後方からでもパワー系の持久力タイプが飛んでくるような想定をしていきたいと思います。

結論

本命◎  11フィアーノロマーノ

激押し★ 12ライトオンキュー

相手△  1ダイアトニック 

     4ビリーバー

     16ヤマカツマーメイド

推奨馬券

本線 ◎-★   ワイド1点

抑え ◎、★、△ 馬連BOX

本命にはフィアーノロマーノを選びました。日曜日は雨の影響で馬場が相当重くなりそうなので、展開予想で話した内容に加えて更にタフな条件になりそうです。これを踏まえると極端なギアチェンジが求められないという点で、フィアーノロマーノとしては理想的な条件になると思います。持続力はメンバー随一のものがあるので、紹介した条件が重なってタフな競馬になればなるほどこの馬の良さが活きてくるとみて、狙っていきます。

激押しにはライトオンキューを選びました。陣営側のコメントにも出ているように、今は調子がどんどん上向いていて、まだまだ仕上げ途中だった前走も完勝といえる内容でした。坂路調教代わりに前走を使ったとの話も上がるくらいの出来だったことを考えれば、今回で大きく上昇してくるのは明らかかと思います。重馬場での勝利経験もありますし、このレースの過去のレース傾向からメンバーの中で最上位の適性を持っていると見ているので、期待していこうと思います。

さいごに

私が1年間で馬券回収率を10倍に上げることができた方法をまとめて記事にしています。

元々、全く当てられないというわけではありませんでしたが明らかにJRAの養分になっている感覚はありました。しかし、その状況をある意識をもって馬券を考えることで、1年後には成果として残すことができました。

これを現在でも続けることでプラス収支を続けられているので、記事にして発信しようと思い今に至っています。勿論重賞だけではなく、平場レース予想にも確実に役立てることができる内容になっていますし、間違っても堅い人気馬に厚く張りましょうという内容ではありません。

有料記事にはなりますが私自身、回収率が10倍になった方法なので価格以上の価値はあると思いますし、色々な方に読んでいただきたいということで、5000字くらいの記事にまとめました

読んでいただいて内容が良ければぜひ拡散して、これからも応援してもらえると嬉しいです!

私が馬券回収率を10倍まで上げた方法

では今回は以上になります、ありがとうございました!

-重賞予想
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【福島牝馬ステークス】最終予想

目次 ・レース傾向 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 レース傾向 過去3年でこのレースは差し馬が勝っています。加えてこれはたまたまそうなったのではないと思います。まず福島1800mの特 …

no image

【クイーンS2020】 最終予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter:https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プロ …

no image

【アンタレスS】有力馬理想の展開とは?軸馬は展開で決める

目次 ・クリンチャー ・ベストタッチダウン ・ロードゴラッソ ・アナザートゥルース ・ウエスタールンド クリンチャー 前が止まればチャンスありですね。ダートに挑戦して2戦ですが、どちらも稍重馬場なので …

no image

【オークス 2020】最終予想 穴馬を3頭紹介します!

最終予想の内容は、穴馬分析記事と有力馬分析記事の分析に基づいて作っているので、そちらを先に読んでいただけると、各馬の取捨について、より根拠がはっきりわかると思います。 馬場傾向や新たな情報による買い目 …

no image

【七夕賞2020 最終予想】今年も大荒れの予感

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter:https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プロ …