あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【オールカマー2020】レースラップ分析/出走馬分析/展開予想

投稿日:

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更Twitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします!

Twitter:

https://twitter.com/Asahi_keibablog

また、プロの予想家の予想は以下のリンクから無料で見ることができます!

ブログ概要

このブログでは、各馬の得意なレースラップを分析して、それに当てはまる馬を人気馬、穴馬関係なく推奨しています。

簡単に言うと、スローペースが得意なのか、ハイペースが得意なのかといったイメージです。

一般的には、この馬はスローペースの時に好走しているとか、あの馬はハイペースが苦手な傾向があると言われたりしますが、ここではレースラップを1ハロン毎に分割して、もっと詳しく好走条件を分析をしています。

①後半の4〜5ハロンで速いラップを刻むことで、長くスピードが求められる展開が得意な馬がスピード系持久力タイプ。

②後半4〜6ハロンで遅いラップを刻むことで、長くパワーが求められる展開が得意な馬がパワー系持久力タイプ。

③ラスト3ハロンで一気に早いラップに切り替わることで速い上がりタイム、つまり一瞬の加速力が求められる展開が得意な馬が瞬発力タイプ

他にもいくつかパターンはありますが、このような分析を各馬に対して行って、過去のレースラップの傾向や展開予想と組み合わせることで、今回のレースでベストなパフォーマンスを見せてくる馬を選ぶ予想の流れになっています。

レースラップ分析

過去5年のレースラップ

2015年 2:11.9(良)15頭立て

12.5-10.9-12.4-12.4-12.6-12.6-11.9-11.7-11.4-11.7-11.8

1着馬(10-10-9-8)

2着馬(6-5-7-5)

3着馬(6-5-5-5)

2016年 2:11.9(良)12頭立て

12.3-11.2-11.9-12.0-12.5-12.1-12.3-12.2-12.1-11.3-12.0

1着馬(6-6-6-4)

2着馬(5-4-4-3)

3着馬(9-9-8-7)

2017年 2:13.8(良)17頭立て

12.8-11.7-13.2-12.9-12.5-12.5-12.1-11.3-11.2-11.6-12.0

1着馬(4-4-4-3)

2着馬(4-6-5-3)

3着馬(7-7-8-5)

2018年 2:11.2(良)12頭立て

12.6-10.6-12.7-13.3-12.3-11.7-11.8-11.9-11.8-11.5-12.0

1着馬(8-8-8-8)

2着馬(2-2-2-2)

3着馬(6-6-6-9)

2019年 2:12.0(良)10頭立て

12.6-11.2-12.8-12.6-12.6-12.2-12.2-11.8-11.2-11.0-11.8

1着馬(1-1-1-1)

2着馬(9-9-8-8)

3着馬(7-7-8-5)

レースラップ分析

出走頭数が少ない傾向のあるレースなだけに、位置取りの有利不利はあまり無いように思います。また2200mという距離からは、道中で仕掛けていく馬もいそうですが、少なくとも馬券に絡んできている馬の中では、大きくまくっていくようなタイプはいないですね。

レースラップの観点からは、過去5年のレースを2パターンに分けることができます。まず1つ目が、、

詳しくは動画で解説します!

有力馬理想の展開

フィエールマン

好走パターン:天皇賞・春

13.2-12.4-12.4-12.5-12.5-12.0-11.6-12.5-12.1-12.2-12.7-12.5-11.9-11.9-11.9-12.2(8-8-9-7)14頭立て

スピード系の持久力タイプの馬ですね。天皇賞春を2年連続で勝利しているように、スタミナが豊富で総合的な能力もかなり高いことがわかります。レースラップを見ても、3200mというかなり長い距離を走って13秒台の遅いラップを刻んだのが最初の1ハロンだけで、逆にラスト2.3.4ハロン目は11秒台の速いラップを刻むあたりは驚異的でした。もっというなら、ラストの1ハロンも12.2と大きく凹むことはなくゴールした点なんかはG1を勝てる馬とそうでない馬の違いと言ってもいいかもしれないです。

ただ前走後は結構疲れが出たようで、約5ヶ月間の休養を経て今回のレースを使ってくるというところは気になるところですね。年齢と共に疲れが抜けにくくなってきているようですし、この馬にとっては短い2200m戦のG2のレースとなることも加味すれば、かなりソフトな仕上げで出走してくる可能性もありそうです。なので、能力と仕上げを天秤にかけて取捨を考える必要がありそうです。

カレンブーケドール

好走パターン:ジャパンC

12.8-11.3-12.3-12.2-11.7-12.2-12.1-12.0-12.1-12.4-12.2-12.6(4-4-3-2)15頭立て

バランス型の持久力タイプの馬ですね。ジャパンCはパワー系のレースでしたが、オークスの時はスピード系の能力のウェイトが大きかったので、どちらへの適性も高いところが印象的ですね。

近3走は道悪でのレースとなっていますが、その中でも(0-3-0-0)と結果を残すことができています。3戦中2戦がG1レースなので、能力の高さは疑いようがないですね。今年で4歳になったこの馬ですが、昨年末のジャパンC、今年初めの京都記念は同世代のレースではないことからも、高い能力の裏付けになりそうです。

これまでのレースぶりから、今回の2200mという距離はかなり合っていそうな印象で、先週の若干時計のかかる馬場も全く問題にしません。不安点としてあげるなら、紫苑Sで3着に敗れたことから中山コースへの適性に関する点と半年以上の休み明けという点くらいかと思います。

ミッキースワロー

好走パターン:日経賞

6.9-11.2-11.7-12.9-12.6-13.2-12.7-12.0-11.3-11.8-12.4-11.7-12.5(11-10-9-6)14頭立て

スピード系の持久力タイプの馬ですね。今年に入ってから日経賞1着、天皇賞春3着ときっちり成績を残していて、6歳馬ではありますがまだまだ成長し続けているような印象です。

これまでは一瞬の脚を使う印象が強かったこの馬ですが、最近は道中でまくっていってそのままスピード系の持久力を活かして、ロングスパートを決める場面も目立つようになってきています。日経賞も天皇賞春もこの戦法で好成績を残しているので、能力的な成長もそうですが、戦略の幅も広がってきたことが、今の成績につながっていそうです。

レース適性についてですが、昨年のこのレースは2着の実績があることに加えて、中山コースでの重賞成績は(2-2-0-2)と抜群に良いです。この着外に敗れた2回は共に、苦手としている道悪でのものだったので、良馬場開催に限定すればパーフェクト連対ということになります。なので道悪での開催にならないなら、メンバーの中で最も適性条件で走れる1頭になると考えています。

ステイフーリッシュ

好走パターン:AJCC

12.8-12.0-12.9-12.3-12.4-12.0-12.0-11.9-12.1-12.1-12.5(2-2-3-1)11頭立て

パワー系の持久力タイプの馬ですね。このタイプの中では代表例として挙げられるくらい典型的なパワー系の持久力を持ち味としていて、スピード勝負になると大きく凡走してしまうところがあります。

特徴としては、トップギアに切り替わるのはそれなりに速くて、非根幹距離を得意としている点が主なところかと思います。ちなみにこれまで非根幹距離のレースは6回走って(1-2-2-1)の実績を残していて、唯一馬券内だったのはこの馬にとっては距離不足で、且つ不得手な直線の長い東京コースの共同通信杯と敗因が明確になっています。

今回の2200mは得意距離であり、スパイラルカーブとゴール前の急坂があることで強みを活かせそうな中山コースでのレースとなるので条件としてはかなり良さそうです。最近は先行力も目立つようになってきたのでAJCCの時のような、番手から4角では先頭に出る競馬ができるなら、勝ち負けに加わってくる可能性もあるかと思います。

穴馬理想の展開

クレッシェンドラヴ

バランス型の持久力タイプの馬ですね。主な戦法としては、後方に控えてまくり差しを決めるのが勝ちパターンとなっていて、前走の七夕賞でもこれが決まっての勝利でした。七夕賞は道悪と開催が進んで荒れていた馬場の影響で前残りの展開が目立っていた中でのレースでしたが、この馬は見事に差し切ったので、これは得意コースだったとはいえこのメンバーなら力が違ったような印象でした。

長い直線での脚比べになるとスピード不足が響いて、掲示板までといったところがありますが、小回りになると強みを発揮しやすいので一気に好走率が高くなっています。それでいうと今回の中山コースも直線が短い小回りコースに該当するので、今の充実度から考えても馬券に絡んできても不思議はないかと思います。ただ、過去の成績から坂のあるコースよりも平坦コースでの好走が目立つので、これを克服できるかがカギになりそうです。

ジェネラーレウーノ

バランス型の持久力タイプの馬ですね。番手くらいの位置から、かなり速い段階からのロングスパートを仕掛けるのが好走パターンとなっていて、今回と同じ舞台であるセントライト記念ではレイエンダを完封しての勝利実績もあります。特に中山コース実績は凄まじく、5戦走って(3-0-1-1)となっているので、レース適性に関しては文句のつけようがないかと思います。

今は5歳馬になりましたが、3歳馬の時に計測した値から、心肺機能が世代の中でも頭一つ抜けているというデータがあったので、乗り方としてもこれを活かした騎乗をしていたと思うし、直線が短く坂のあるコースということで中山コースとの相性が良いのも納得です。

ただ今回は約1年8ヶ月の長期休みけの1戦ということで、これが最大の不安点となります。調教時計としては休養前と遜色ないレベルにあるし、本数もしっかり乗り込まれているのである程度の仕上がりにはあると思いますが、レース勘や反応面がどこまで付いてこれるかがポイントになりそうです。

センテリュオ

スピード系の持久力タイプの馬ですね。この馬も直線は短い方がいいタイプで、中山コースでの実績としては1戦1勝と悪くなさそうです。その1勝が今回と同じ2200mコースでのものだったところは良いですね。昔からルメールJや川田Jが主戦として乗ってきている馬なのでポテンシャルの期待値は高いようですが、重賞実績としては(0-1-0-5)となんとも言えない数字になっています。とはいっても、エリザベス女王杯ではクロノジェネシスを抑えての4着と健闘した実績もあるので条件が合えば走ってくる印象です。

最近の成績はOP特別戦も含めて掲示板辺りを彷徨っていますが、3戦連続で道悪だったのでディープインパクト産駒ということで、得意条件でなかったと考えるなら良馬場開催になって変わってくる可能性もあるかと思います。恐らく中山2200mコースは、最近走ったレースの中では1番条件として合っていると思うので、十分期待していいと思います。

展開予想

逃げ 5ジェネラーレウーノ

先行 7ステイフーリッシュ 8カレンブーケドール

   2サンアップルトン 3ミッキースワロー

ジェネラーレウーノが逃げると想定します。メンバーを見渡してもこの馬に絡んできそうな馬はいませんが、楽にマイペースに持ち込ませると長期休み明けであっても流石に怖い一頭だと思うので、マークして走る馬は数頭いるとは思います。ペースとしては、、

詳しくは動画で解説します!

結論

本命◎  8カレンブーケドール

激押し★ 5ジェネラーレウーノ

相手△  1クレッシェンドラヴ

推奨馬券

本線 ◎     単勝1点

抑え ◎、★、△ 馬連BOX

高い持久力を求められる展開になると踏んで、カレンブーケドールを本命◎に抜擢します。近走は道悪でのレース続きですが現役トップクラスの馬たちと互角に渡り合えていますし、前走の京都記念なんかは馬場が悪すぎて相当なタフさが証明されたレースでした。元々は良馬場の方が良いと思えるくらいのスピードも持ち合わせていることから条件も合いそうで、フィエールマンが回避したこの混戦メンバーなら勝ち負け濃厚と見ています。

激押し★はジェネラーレウーノです。長い休み明けというところで難しいところではありますが、展開を考えれば明らかにチャンスがある一戦だと思います。休み明けが逆に功を奏して、後続が牽制し合う展開になればまんまと逃げ切りというところまで見えるし、付いてきたとしても後続に脚を使わせる展開を作るため、適正のない馬たちは脱落していってもおかしくないと思っています。心肺機能の高さが強みなだけに、リズム良く運べれば仕上げ途中だとしてもやれると見ています。

さいごに

私が1年間で馬券回収率を10倍に上げることができた方法をまとめて記事にしています。

元々、全く当てられないというわけではありませんでしたが明らかにJRAの養分になっている感覚はありました。しかし、その状況をある意識をもって馬券を考えることで、1年後には成果として残すことができました。

これを現在でも続けることでプラス収支を続けられているので、記事にして発信しようと思い今に至っています。勿論重賞だけではなく、平場レース予想にも確実に役立てることができる内容になっていますし、間違っても堅い人気馬に厚く張りましょうという内容ではありません。

有料記事にはなりますが私自身、回収率が10倍になった方法なので価格以上の価値はあると思いますし、色々な方に読んでいただきたいということで、5000字くらいの記事にまとめました

読んでいただいて内容が良ければぜひ拡散して、これからも応援してもらえると嬉しいです!

私が馬券回収率を10倍まで上げた方法

 

では今回は以上になります、ありがとうございました!

-重賞予想
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【アンタレスS】最終予想

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 7ベストタッチダウン 16メイショウワザシ 先行 11アナザートゥルース 2ワイルドカード 3ロードゴラッソ    15リワード …

no image

【競馬予想】関屋記念2020 過去レースラップ分析/各馬理想の展開/展開予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter: https://twitter.com/Asahi_keibablog YouT …

no image

【毎日王冠2020】過去レースラップ分析/出走馬理想の展開/展開予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter: https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プ …

no image

【アーリントンC】最終予想 

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 1ノルカソルカ 先行 7ボンオムトゥック 2デュードヴァン 9プリンスリターン    11ロードベイリーフ ノルカソルカの単騎逃 …

no image

【天皇賞・春】全頭診断 各馬理想の展開とは

目次 ・エタリオウ ・オセアグレイト ・キセキ ・シルヴァンシャー ・ステッフェリオ ・タイセイトレイル ・ダンビュライト ・トーセンカンビーナ ・ハッピーグリン ・フィエールマン ・ミッキースワロー …