あさひの競馬ブログ

シミュレーション力で“買えない”を“買い”に変える!シミュレーション力で“買い”を“買わない”に変える!

重賞予想

【アーリントンC】最終予想 

投稿日:

目次

・展開予想

・人気馬の取捨

・穴馬の取捨

・結論

展開予想

逃げ 1ノルカソルカ

先行 7ボンオムトゥック 2デュードヴァン 9プリンスリターン

   11ロードベイリーフ

ノルカソルカの単騎逃げが濃厚です。ペースとしては、先行馬は少ないですが平均以上で流れると思います。それでもついていきたい馬が数頭いるので、ある程度縦長の展開になると思っています。タイセイビジョンは中団あたりまで上げて運んで重賞勝利経験もありますが、その時とは異なり今回はマイルのレースであることと、溜めた方が持ち味が活かせることから中団後方あたりに位置すると思うので(各有力馬理想の展開)、あまりペースが速くなりすぎると突き抜ける可能性が大いに高まるかもしれませんね。

人気馬の取捨

タイセイビジョン

前走時 最終追い 坂路 55.4-39.6-25.4-12.5 G強

今回  一週前  坂路 54.2-38.4-25.1-12.8 一杯

    最終追い 坂路 54.7-39.4-25.7-13.1 一杯

捨てです。前走が良すぎたところもありますが、今回は出来落ちしていると思います。まだまだ仕上げに余裕残しで、ぎりぎり間に合ったレベルだと思います。また展開的にも、逃げ馬が快速馬ではありますが単騎逃げであることから、ペースが速くなりすぎることはないと思います。そして先行勢に、直線でもう一足使えるタイプが何頭かいるので、その馬たちが小頭数の利を生かしてマイペースで運んで伸びればこの馬の差し脚では交わし切れないと思います。天気も下り坂で、1400mがベストだと思われるこの馬がマイルの重めの馬場でスタミナが温存できるかという点についても疑問が残ります。このことから捨て判断としています。

ギルテッドミラー

前走 最終追い 坂路 52.5-38.2-24.2-12.1 一杯

今回 一週前  坂路 53.3-38.7-25.1-12.4 一杯

   最終追い 坂路 53.4-39.1-25.2-12.7 一杯

捨てです。この馬も出来で言うと微妙です。良いときは最終も馬なりでこの時計以上が出てくるので、前走と変わらずといったところだと思います。また、重め馬場への適性も低いと思っています。中京の稍重で勝利経験はありますが、これは良馬場に近い稍重だったので差し脚を生かして勝ち切ることができましたが、京都で稍重だった時は、調教はそこそこ時計が出ていたにもかかわらず完敗でした。調教でしっかり調整できて初めて重馬場でもやれると思うので、調教がいまいちな今回は切っていきます。展開的にも前に取り付いて外々を回されるか、若干控えて伸びきれずだと思っているので、それで言っても捨て判断とします。

プリンスリターン

前走時 最終追い CW 84.7-69.2-54.2-40.0-12.0 馬なり

今回  一週前  CW 79.8-65.5-51.3-38.3-12.3 一杯

    最終追い CW 84.4-69.5-54.6-40.3-12.1 馬なり

買いです。調整としては万全だと思います。前走時に+10キロだったので今回はそれを絞ってくると思いますし、しっかり仕上げてきそうです。ジョッキーも調教に4週連続で乗ってコンタクトを取っていますし、取りに来ている感じはあります。強みとしては好位に行ってもハイペースにも対応できるところで、今回もスローにはならなさそうな感じがあるので、持ち味は生かせそうです。あとはスタートをスムーズに切れるかどうかがポイントだと思います。まだまだ成長途中で馬格もそこまでないので、あまり重くなりすぎると不安はありますが稍重くらいまでならこなせそうに思います。

グランレイ

前走時 最終追い 坂路 52.0-38.3-25.1-12.6 強め

今回  一週前  CW 81.3-65.1-50.7-38.0-13.0 馬なり

    最終追い 坂路 54.4-38.8-25.2-12.8 馬なり

捨てです。平均以上のペースで流れるとなると、この馬にとっては合わないレースになりそうです。調教的には仕上がっていると思いますが、うまく乗りこなせるようになってきた池添Jから乗り変わりはかなり大きなディスアドバンテージになると思います。レースを見た感じだと折り合いでも難しい部分が見られますし、乗り難しさもありそうです。テン乗りとなる今回はおそらく後方待機で直線にかけてくると思いますが、届かない可能性の方がかなり大きいと思うので今回は切っていきます。

穴馬の取捨

ジュンライトボルト

捨てです。厩舎コメントから良馬場向きと出ていますし、重馬場での良績もありませんので信頼性に欠けます。調教も前走までのCW仕上げではなく、ポリトラックを2週連続で使っていることからもここが本仕上げではなさそうです。前目につけられるかもしれませんが、同型との脚比べではいくらか分が悪そうに思いますので、今回は切っていきます。

トリプルエース

買いです。ある程度重馬場適性も見せていますし、早い流れも向きそうです。最終を一杯にやるのはいつものことなので問題ありませんし、2週連続で川田Jがけいこをつけている点も評価したいです。まだ適性距離が定まってきませんが、マイルなら流れた方が持ち味は出せそうに思うので抑えていきたいと思います。

ボンオムトゥック

買いです。重い馬場での良績がありますし、前目から早い脚を繰り出せる強みが心強いです。先行するようになって成績が安定して来ているので今回もある程度は前目からのレースになると思います。前走は稍重の阪神でも二番手から34秒台前半でまとめているように、馬格はあまりないですがパワーを秘めていると思われます。今回は押切の可能性まで期待して、買っていきたいと思います。

ノルカソルカ

買いです。逃げ一車の馬で、平均以上のペースを打ち出しています。ここ3戦連続で稍重馬場でのレースになっていますが、好走を続けています。内2戦が京都コースなので、阪神の坂がどう出るかはわかりませんがマイペースの単騎で行けそうな今回は面白い存在になるのではないかと思っています。調教はぼちぼちといったところなので、どこまで踏ん張れるかといったところだと思います。

デュードヴァン

買いです。今回が初めての芝のレースになりますが、天気が下り坂なのは好材料になりそうです。ダートで2連勝してここに来るように、ある程度のパワーがあると思いますし、先行力も過去のレースから見て取れます。馬場が悪くなって先行勢が脚を失っていくようだとチャンスはさらに広がりそうです。ダートを走っていたにしては、そこまで大きな馬ではないので久しぶりの今回も仕上げ不足感は感じませんし、むしろしっかり乗り込んでいるのである程度は仕上がっていると見て期待します。

結論

本命◎  ボンオムトゥック

激押し★ デュードヴァン

相手△  プリンスリターン

     トリプルエース

     ノルカソルカ

本線 ◎     複勝1点

抑え ◎-★、△ 馬連流し

   ★-△   馬連流し

本命はボンオムトゥックにしました。高い先行力から一足が繰り出せる点を高く評価しています。阪神との相性もいいですし、馬場が渋っても気になりません。今回は切れ味勝負になりそうにもないですし、展開的にもかなりこの馬に向きそうです。激押しにはデュードヴァンを選びました。初芝で未知な部分はありますが、他馬が渋った馬場を苦手とするならチャンスはあると思います。この馬も先行力が高いと思いますし、スピードの持続力にも期待できそうです。ズブさだけが懸念点ですが、そこは調教でも乗っている三浦Jに何とかしてもらいたいところです。相手には終いの安定感があるプリンスリターントリプルエースに加えて、マイペースの単騎逃げでどこまでといったノルカソルカを選びました。

以上になります。

-重賞予想
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【レパードS2020】 最終予想

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter:https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プロ …

no image

【2020阪神牝馬S】 最終予想

目次 ・展開予想 ・人気馬の取捨 ・穴馬の取捨 ・結論 展開予想 逃げ 12トロワゼトワル 3メジェールスー 先行 13ダノンファンタジー 14アマルフィコースト    4ビーチサンバ 2サウンドキア …

no image

桜花賞 最終追い切り

今週は三歳牝馬の1冠目をかけた闘い、桜花賞です。阪神1600mで行われるこのレースは毎年チューリップ賞組が優勢と言われますが、今年は直行組もいますのでどうなるのでしょうか。(阪神コースの特徴はこちらを …

no image

【七夕賞2020 最終予想】今年も大荒れの予感

馬場傾向や新たな情報による買い目の変更はTwitterで発信しますので、ぜひフォローをお願いします! Twitter:https://twitter.com/Asahi_keibablog また、プロ …

no image

【エプソムC】過去データ分析と各馬理想の展開を徹底解説!

先週の安田記念はアーモンドアイが出遅れた上に最後に伸びを欠いて2着に敗れてしまいました。G1最多勝利記録更新に期待がかかっていた分、少し残念ではあった一方で、G12着で残念というのもおかしな話だとも思 …